薬石花房 幸福薬局
トップページ > 養生のすすめ
カウンセリング室
電話
メール
ご予約フォーム
料金のご案内
Q&A
自分にあった漢方薬に出会うには?
住所 治療方針と薬局案内 スタッフのご紹介
養生のすすめ"
薬石花房の養生
「補捨流調」体質チェックリスト
薬膳


人間には、生れつき「健康になろう、元気になろう」とする力が備わっています。この力が自然治癒力です。この力を日常生活の中で常に活性化しておくことが、元気で健康な生活を送るためには大変重要となります。そのためには、常にからだ全体のバランスを調えておくことが大切です。体内のバランスがくずれると、体調や精神状態が不調をきたし、病気になります。

漢方薬はからだ全体のバランスを調え、自然治癒力を高める薬です。病気を根本的に改善する作用があります。しかし健康なときも常に体のバランスを崩さないように心がけて生活する必要があります。これが「養生」です。

私たち人間は、生まれたときはもともと3kg程度の小さな赤ちゃんでした。現在例えば60kgの人は、生まれてから体重が約20倍になっています。この体重増加は「食事の摂取」と「呼吸による酸素の吸入」によるものです。毎日の食事と空気中の酸素が、われわれ自身の生命力(自然治癒力)によって骨や筋肉、皮膚、神経伝達物質、血液などに変化して、われわれは成長するのです。

正しい食事を続けないと、余分なものが体内に蓄積され、皮膚がきたなくなったり、骨がもろくなったり、イライラしやすくなったり、さまざまな症状が表れます。また正しい呼吸を行なわないと、十分な酸素が得られないために体内で不完全燃焼が起こり、代謝が悪くなり、老廃物が体内にたまり、体の免疫力や抵抗力が落ち、病気にかかりやすく、老化しやすくなります。そして自然治癒力を常に活性化しておかないと、からだ全体のバランスがくずれやすく、病気は治りにくく、精神状態や自律神経系も不安定になりがちです。

さらに自然治癒力に悪影響があり、体のバランスを容易にこわすような化学物質の過剰摂取に注意しなければなりません。もともと大自然に存在しない化学物質、人が人工的に製造する化学物質、たとえば防腐剤や着色料などの食品添加物や農薬・西洋医薬などを長期にわたり多用すると、それらは体を傷つけ、体内に蓄積され、免疫力を弱め、さまざまな不快な症状、特に皮膚病、アレルギー疾患、成人病(生活習慣病)、肥満などが表れることになります。

毎日の食事、呼吸、食品添加物や西洋医薬など、われわれの自然治癒力を容易に左右する要因は、日常生活の中の、すぐ身の回りにあります。少し油断するとすぐに体のバランスは悪くなります。健康な体と精神状態を維持するために「養生」を日々心がけてください。

なお養生法は個人の体質により異なります。具体的な養生法については、薬石花房にて中医師にご相談ください。

また、以下のエッセイ・ショートストーリーも参考になさって下さいませ。


All Rights Reserved. Copyright (c) Kofukuyakkyoku.