多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)によく使われる漢方薬

漢方薬によって、質の良い卵をつくれる体質に変わっていきます

漢方薬は、人工的に排卵や生理を起こさせる薬ではなく、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という病気になってしまった体質そのものを改善する薬です。からだに無理な負担がないので、質のよい卵ができます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になった背景には、紹介した4つの症例のように、さまざまな「排卵しにくい体質」が根本にあります。その体質そのものから改善していくのが漢方薬です。からだの内側からじっくり根本的に健康になり、元気になりたい、丈夫な卵をつくりたい、とお考えのかたに、漢方薬は適しています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の患者さんにみられやすい体質や、使われることの多い処方には、たとえば以下のようなものがあります。

1 ストレスの影響で生理周期が乱れやすい場合は、柴胡、芍薬など、ストレス抵抗性を高める生薬を使った漢方処方(四逆散、逍遙散など)で、ストレスに強い体質を作っていきます。

2 血行を改善して排卵しやすい体質をつくりたい場合は、芍薬、牡丹皮など、血行を促進する生薬配合の漢方処方を使います(桂枝茯苓丸、芎帰調血飲など)。タバコは血行改善の大敵である点も、お忘れなく。

3 体内にたまった余分な体液、脂肪、不要なたんぱく質などを捨て去りたい場合は、半夏、蒼朮など、体内の過剰な不要物を捨て去ってくれる生薬を配合した漢方薬が有効です(二陳湯、平胃散など)。

4 ホルモンバランスを調えて生理周期や排卵を安定させたい場合は、地黄、桂皮など、内分泌系の機能を調整する生薬を使った漢方薬がいいでしょう(八味地黄丸、牛車腎気丸など)。夜更かしは控え、十分な睡眠・休養をとり、規則正しい生活も心がけてください。

5 排卵する力を強めるため、体力をつけたい人には、人参、大棗など、胃腸機能を高める生薬配合の処方を用います(四君子湯、六君子湯など)。食生活の改善も必要でしょう。

6 冷えが関係している場合もあります。その場合は、人参、当帰など、体内のエネルギーを高めて体の芯から温めてくれる生薬配合の漢方薬を使います(人参湯、当帰湯など)。
あなたの体質に合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第に「自力で安定した排卵ができる体質」になっていきます。からだの内側から、体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。
あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

ご予約はこちらから

不妊症、高齢不妊の漢方治療については、それぞれ「不妊症」サイトや「35歳からの漢方不妊治療」サイトを参考にしてください。

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介