がんこな「ニキビ」、タイプ別の根治法は

幸井俊高執筆 薬石花房 幸福薬局(帝国ホテル内漢方相談薬局)の症例をもとにした漢方エッセイ・・・漢方でニキビが治った!

 

■■乾燥肌なのに、ニキビができる■■


ニキビ(吹き出物)に悩む26歳の女性がいました。国際線の客室乗務員をしています。にきびは、学生時代はそれほどではありませんでしたが、社会人になってから、気になるようになりました。かつては、ほほに赤いにきびがぽつぽつとできる程度でしたが、いまは場所が変わってフェースラインにたくさんできます。とくに、こめかみから耳の前あたりに多く、あごの線に沿っても少しあります。はえぎわにも点在しています。ニキビの色も、昔のように真っ赤にならず、くすんだような色をしています。

仕事の関係もあるのか、肌は乾燥しています。それでもニキビは消えず、生理まえには悪化します。ニキビ跡も消えにくく、いつまでも残っています。

――乾燥肌なのに、どうしてニキビができるのかしら。

そもそも、ニキビは毛穴に皮脂がたまり、そこで慢性的な炎症が生じている状態です。したがって、脂性肌の人のほうがニキビができやすいと思われがちですが、意外と乾燥肌の人にもニキビはみられます。

そのわけをみていきましょう。

まず肌には毛穴が開いており、そこから毛が生えています。また毛穴の奥には皮脂腺があり、そこから出た皮脂は毛穴から体表にあふれ出て天然のローションとなり、お肌を潤します。

皮膚は角質とよばれる層でおおわれており、これがからだを守ってくれています。毛は、この角質層を突き破って皮膚の外に出てきています。

乾燥肌の人の多くは、この角質層が硬くそして厚くなっています。その結果、毛穴の出口が狭く硬くなっています。ですから毛穴から皮脂が出にくくなっており、その結果、毛穴に皮脂がたまりやすく、ニキビができやすくなります。

漢方道では、こういう場合、皮膚の乾燥を取り除くような処方をして、からだの内側から乾燥肌を改善し、ニキビも根治していきます。肌の潤いを補う(漢方道の必殺技①)漢方生薬としては、熟地黄や白芍などがあります。消えにくいニキビ跡に対しては、赤芍や桃仁など、さらさら流す(必殺技③)生薬が効果的です。

冒頭の女性も、このような生薬を煎じて服用し、徐々にではありましたが約9ヵ月で乾燥肌と同時にニキビを解消していきました。


■■にきびと脂性の肌が悩みの種■■


次は脂性の肌に、ニキビができる場合です。広告代理店に勤める22歳のOLのほほには、赤く大きめのキビがたくさんありました。そのいくつかは化膿しており、ちょっと痛がゆいようです。ニキビができていないところも皮脂が多く、すぐ肌がてかってしまいます。

皮膚科で塗り薬や抗生物質などを使った治療をすると、そのときはある程度改善されますが、治療をやめるとまた元のとおり、ニキビができてしまいます。

――からだの中から治す必要があるのではないのかしら。

毛穴にはアクネ桿菌という細菌がいつも住んでいます。そこで皮脂の分泌が盛んになったり、肌の角質層が硬くなって毛穴がふさがったりすると、ニキビができます。前者がこのOLのケースで、後者が最初の客室乗務員の場合です。

とくに皮脂の分泌が多く、そこでアクネ桿菌など細菌の活動が活発になると、炎症が起こって、にきびが赤くなります。皮脂や膿が毛穴をやぶってぷつっと出てくることもあります。こうなると痛がゆくなります。

今回の広告代理店のOLの場合は、山梔子、黄連、金銀花、連翹など、炎症や皮脂の原因を捨てる(必殺技2)力の強い生薬を用いました。漢方を飲み始めてすぐに効果が現れはじめ、4ヵ月ほどでニキビがきれいになくなりました。


■■吹き出物が口のまわりやあごにできる■■


証券会社に勤務する29歳の女性の吹き出物は、口のまわりやあご、首にできます。少し赤みがあり、先がとがったような吹き出物です。たくさんあるわけではありませんが、ぽつぽつぽつと、少しめだちます。若いころはニキビに悩まされることなどなかったのですが、最近になってできるようになりました。

よく考えてみると、吹き出物以外にも、最近、疲れやすくなったようにも思います。胃の調子もあまりよくありません。もたれた感じがつきまといます。眠りが浅いのか、だるさが朝から取れないこともあります。毎月の生理は安定しているのですが、生理期間が短くなったし、量も少なくなってきたように思います。顔のつやも悪くなったように思います。

――体質が変わったのかしら。

ニキビは、皮膚だけの問題ではなく、からだ全体の調子や体質そのものと深く関連しています。とくに胃腸機能が弱ってくると、免疫力も低下しますので、ニキビの原因となる細菌の活動が活発になります。その結果、思春期にはニキビがひとつもできなかった人にも、ニキビができるようになります。

この女性の場合も胃腸の機能低下が根本原因にあるようです。消化吸収する力が若いころより弱くなり、その結果、肌にトラブルが出るようになりました。こういう場合は、漢方薬で胃腸機能のバランスを調える(必殺技4)と効果的です。白朮や茯苓などの生薬が適しています。

さらに免疫力の低下が明らかな場合は、その免疫力も補う(必殺技1)必要があります。いわば、ニキビの炎症をからだの中から追い出すような方法で対処します。漢方生薬としては、黄耆や皂角刺などが効果的です。

なおニキビと吹き出物とは同じものです。


■■ステロイドの副作用で■■


19歳の学生で、小さいころからアトピー性皮膚炎の治療でステロイド外用薬を使ってきた人がいました。最近はアトピー性皮膚炎のほうは、ある程度落ち着いているのですが、ニキビが顔のあちこちにできてきて困っています。病院で治療をしても、ニキビがおさまるのはそのときだけで、またすぐに再発します。

ステロイド剤は、免疫抑制剤です。免疫力を抑えて弱くすることにより、皮膚炎などの炎症を緩和します。したがってステロイドを長期にわたって使用すると、どうしても自身の免疫力がさがり、ニキビができやすくなります。

漢方では先の例と同じように、漢方生薬で免疫力をつけることにより、ニキビを改善していきます。漢方の場合、免疫力をつけたからといって、アトピー性皮膚炎が悪化することはありません。それは、漢方がアトピー性皮膚炎やニキビを単に炎症としてとらえるのではなく、からだ全体のバランス(必殺技4)をみているからです。


■■ニキビの根治は、からだの中から■■


漢方道のいいところは、皮膚の病気に対しても、からだの内側から改善していくところにあります。それは、漢方が人体をひとつの有機体ととらえているからです。ニキビだったら抗生物質で毛穴の中の細菌を減らしていけばいいというような、そんな単純なものではありません。人体を、あたかも機械を修理するようにあつかう態度では、病気の根本的な改善がむずかしい場合もあります。

漢方が発達した昔の時代には、レントゲンも血圧計も血液検査も尿検査もありませんでした。そのような時代に漢方医たちは、五感を使ってえられる情報から、患者の体内の状態を把握していきました。患者の顔色や肌の状態、髪の毛や爪の様子などをみて、患者の体質や臓の状態をつかんでいったのです。逆にいうと、その人の体質や内臓機能を改善していくことにより、肌の調子やにきびを根本的に改善していくことができるということです。

日常生活では、まず食べものに注意してください。甘いものや脂っこいもののとりすぎ、とくにチョコレートやナッツ類、揚げもの、香辛料のきついもの、刺激物、さらにアルコールやコーヒーも控えめにして、バランスのよい食事をしてください。

その他、規則正しい生活をして十分な睡眠をとってください。ストレスもよくありません。便秘、寝不足、疲れなども引き金になります。

先の学生のように、ステロイド剤、あるいはピルの副作用で、にきびができやすくなることもあります。

漢方は、困った病気や症状を一時的に抑えるのではなく、体の内側から根本的に改善していこうとします。塗ればすぐに赤みやかゆみが消える塗り薬、それはそれで便利で助かりますが、それだけでなく、ちゃんと病気の根本原因から見直して、きれいなからだに戻したい、そんなときに漢方道が役に立つでしょう。

漢方と西洋医学の両方の長所をよく理解して、病気の治療や健康維持に役立ててください。

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。
あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

★ 漢方道・四つの必殺技 ★
「補う」・・・ 足りない元気や潤いは、漢方薬で補いましょう。
「捨てる」 ・・・体にたまった余分なものは、漢方薬で捨てましょう。
「サラサラ流す」 ・・・漢方の力で血液や気をサラサラ流し、キレイな体内を維持しましょう。
「バランスを調える」・・・内臓機能のバランス・心身のバランス・ホルモンのバランス - 漢方の得意技はバランスの調整にあり。

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介