自分で自分に限界をつくらないで・・・免疫力upで能力もup

幸井俊高執筆・・・薬石花房 幸福薬局(帝国ホテル内漢方相談薬局)の症例をもとにした漢方ストーリー

以下は、仕事に追われて体調を崩してしまったOLが免疫力向上の漢方で立ち直る物語です。薬石花房 幸福薬局の実際の症例をもとに、物語風に描きました。

同じようなお悩みでお困りの方は、あきらめず、どうぞお気軽に薬局までお問い合わせください。
(登場人物は実在の人物とは関係ありません。)

 

■■体調不良の原因は免疫力の低下■■


「部長、この仕事は、今のわたしにはできそうにありません」

社内の新商品開発プロジェクトにメンバーの一員として配属されて以来、忙しくて仕方がない。組織横断的にメンバーを集めたこのプロジェクトは、新商品の開発に向けて短期間に結論を出さなくてはならない。

もともと総務部にいて残業もなく、のんびりと仕事をしていたわたしにとって、ここは「え、これで同じお給料なの?」と思えるくらい忙しい。

課せられる仕事は量が多く、納期が短い。必然的に残業も増える。先月は生まれて初めて土日に会社に出てきて仕事をした。

新商品開発という、ふだん関わる機会のなかった任務の一端を担っているので、仕事自体は刺激的でおもしろい。しかし、さすがに体力・気力の両面でかなり参ってきている。

そんなところにまた新しい業務を部長から言い渡され、もう無理だと思って言ったのが、先の一言だ。疲れた顔で、自信のなさそうな表情で部長の前に突っ立っていたことと思う。

「君なら大丈夫。無理と決めつけないで、やってごらんよ」

弱気になっていたわたしにそう言ってくださる部長のひと言はうれしい。しかしプロジェクトに配属されてから、少しずつ体調が乱れてきていた。

まず、かぜを引きやすくなった。それに疲れやすい。さらに疲れているのに寝つきにくく、ようやく寝ても仕事の夢を見てしまい、眠りが浅い。おかげで朝から疲れている状態だ。

生理もきちっと28日で来ていたのが不安定になり、遅れがちで、この前の健康診断では、貧血の値と乳腺腫の状態が悪化していた。がん家系でもあるし、不安も高まる。弱気にもなる。

そんなときは山路さんに愚痴を聞いてもらうことが多い。山路さんは2年上の先輩で、プロジェクトに配属されてから話すようになった。もともとマーケティング部所属のビジネスマンって感じの人で、存在は知っていたが話す機会はなかった。たしかに仕事がよくできるし、そのうえ気さくで話しやすい人だった。

先日も残業のあと一緒に飲みにいった。

「このプロジェクト、早く終わらないかしら。プロジェクトチームに配属されてから残業続きでたいへんなのに」

「おやおや、また部長から仕事を増やされたのかな」

「どうしてわかるんですか、山路さん?」

「あの部長は、仕事ができそうな人に仕事を任せる人。逆に言えば、仕事ができそうにない人には仕事を増やしたりしない人なんだ。僕はむかしからあの部長の下で鍛えられてきたので、よくわかるよ」

「山路さんは、本当に仕事ができるからいいけど」

「いや、僕だって自信がなくて、体力的にも時間的にも無理だと思って部長に弱音を吐いたことは何度もあるさ。でもその度に"君なら大丈夫"と励まされてね」

「わたしも"君なら大丈夫。無理と決めつけないで"と言われたわ」

「自分で自分に限界をつくってしまってはだめ、ということを部長は言いたいんだよね。自分が描く自分の像つまりセルフイメージは、自分の現実に大きな影響を与えるものなんだ。自分はこれ以上もう無理だと思ってしまう地点が、その人の限界になっていることが多いからね」

山路さんの言うとおりかもしれない。あきらめた時点で意欲もなくなる気がする。

「でも体力的にきついことは確かみたいで、最近疲れやすいし、あまり調子が良くないんです」

「無理しすぎると免疫力が落ちるというからね。そういえば一年下の若菜さんが、漢方を飲んで体調がよく、ダイエットもできたって喜んでいたよ。涼子さんも試してみれば?」

え、山路さんと若菜さんって、そんなプライベートな話をする仲だったのね。なんだか悔しい。よし、わたしも漢方を飲んで元気になってやるわ。


■■免疫力を高める漢方■■


さっそく漢方薬局でカウンセリングを受けてみたところ、

「ちょっとお仕事で頑張りすぎたせいか、免疫力が下がっているようですね」

と漢方の先生に言われた。

「仕事は仕事ですから、社会人である以上、頑張らなくてはいけないと思います。でもあまり無理を続けていると、からだに必要な生命力などが足りなくなったり流れがわるくなったりして、体調を崩すことになります。涼子さんは今、そういう状態になっているようですよ」

「先生、じつは会社では部長や先輩に"限界をつくってはいけない"と言われるのですが、やっぱり無理はいけないですよね」

「涼子さん、それとこれとは話が違います。仕事のうえで自分の限界をつくってはいけないというのは素晴らしいことです。火事場の馬鹿力ということばがあるでしょ。人間は一般に自分が持っている能力のすべてを出して生活しているわけではありません。人には無限の可能性が潜在的に秘められています。でも自分で自分の限界をつくってしまうと、そういう潜在的な力を発揮できなくなります」

なるほど、努力をしないで諦めるのと、無理をしないこととは違うということね。

「漢方も同じですよ。漢方薬を飲むことにより、ストレスで抑え込まれている免疫力に力を与えたり、免疫力を高める機能を高めてあげたりするわけです」

「体調がわるいのは仕事のせいだ、いやだ、と考えるのではなく、病気を治そうとする意識も大切ですね」

「わたしはどうせ病気なんだとか、がん家系だからがんになる、と自分で決めてしまうと、そこに限界ができてしまいます。人が潜在的に持っている生命力や免疫力をじゅうぶん発揮させることで健康な状態に近づいていきたいものです」

「わたしの場合も、そういう漢方薬を飲むのですね」

「漢方には、弱った気を補ったり、不足している養分を補ったり、それらの流れを良くしたり、あるいは五臓六腑のバランスを調えたりすることで免疫力を高める働きがあります。気を補ったり流れを良くしたりすることで、結果的にマイナス思考や悲観的な性格を改善していくこともできます」

わたしは今、体質的に気とけつ血が不足しているとのことなので、さっそく気血を補って(漢方道の必殺技①)免疫力を高めていく漢方薬を飲むことになった。


■■免疫力のおかげで元気なわたし■■


漢方薬の効果はじわじわと現れ、3か月くらいで眠りやすくなってきた。疲れにくくもなってきた。相変わらずプロジェクトチームにいて仕事は忙しかったが生理も安定してきた。なんだか、やる気も出てきて積極的にもなってきた。部長に弱音を吐くこともなくなった。自分の体調不良を仕事のせいにしていた自分が少し恥ずかしい。今では自分を成長させてくれたと感謝している。

山路さんが、うれしそうに話しかけてきた。

「涼子さん、笑顔で元気そうに仕事しているじゃない」

「"自分で自分に限界をつくらない"考え方と、免疫力を高める漢方薬のおかげです。心身ともに、なんだか底力がついた感じがします」

「それはよかった。これまでの延長線上で考えてしまうと体力や時間の面で無理と思えることでも、頭とからだを使って努力すれば、できる方法はみつかるよね。人の潜在的な力って、本当に大きいと思うよ」

山路さんは仕事が忙しくても前向きで、いつも楽しそうだ。

「ところで部長の座右の銘、知ってる?」

「いえ、知りませんが」

「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」

「上杉鷹山ですね」

「部長らしい、究極のポジティブ思考かもね」

ポジティブ思考って大事だわ。そうだ、恋にも使えるかしら。

「ねえ山路さん、このプロジェクト、長く続けばいいですね」

「あれ、3か月くらい前は、早く終わらないかしらって言っていなかったっけ?」

山路さんも楽しそうに笑った。なんだか自信が出てきた。

(幸井俊高執筆 「VOCE」掲載記事をもとにしています)

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の漢方ストーリーのように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。
→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから


★ 漢方道・四つの必殺技 ★

① 補う 足りない元気や潤いは、漢方薬で補いましょう
② 捨てる 体にたまった余分なものは、漢方薬で捨てましょう
③ サラサラ流す 漢方の力で血液や気をサラサラ流し、キレイな体内を維持しましょう
④ バランスを調える 内臓機能のバランス・心身のバランス・ホルモンのバランス - 漢方の得意技はバランスの調整にあり

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介