不妊症に効果的な漢方薬

不妊症に効果的な漢方薬は人によって違います・・・自分のための処方に出会うことが大切

薬石花房 幸福薬局では、おひとりおひとりの状態や体質を見極めベストの漢方薬を処方しています。以下の例はよくある不妊症のタイプと使われる漢方処方です。実際には複合型や個人差などを考慮して慎重に選びます。漢方相談に見えた方には時間をかけてお話をうかがい、体質などを丁寧にご説明し、漢方処方のほか食生活のアドバイスもしています。

1 疲れやすい、顔色がさえないなど、母体の栄養状態を改善させたほうがいい場合は、人参、大棗など、胃腸機能を高める生薬配合の処方を用います(四君子湯、六君子湯など)。食生活の見直しも必要でしょう。子宮内膜の状態がよくない場合も効果的です。

2 卵子の状態がよくない、卵子に元気がない、というかたは、当帰、地黄など、からだ全体の栄養状態を改善して卵巣にも良質の栄養を送り込む効果のある生薬を使った漢方処方がよろしいでしょう(四物湯、十全大補湯など)。AMH(抗ミューラー管ホルモン)値が低く、卵巣内に残る卵胞が少なくなってきている可能性が高い場合も、卵巣に気血を思いっきり送り込み、残存する卵子を元気にすることを考慮に入れた処方を組みます。

3 生理が不安定、など、ホルモンバランスを調えたい場合は、地黄、桂皮など、内分泌系の機能を調整する生薬を使った漢方薬がいいでしょう(八味地黄丸、牛車腎気丸など)。二人目不妊のかたにも使います。夜更かしは控え、規則正しい生活も心がけてください。

4 冷えも妊娠の大敵です。冷え性を改善したい場合は、人参、当帰など、体内のエネルギーを高めて、からだの芯から温めてくれる生薬配合の漢方薬を使います(人参湯、当帰湯など)。基礎体温が2相に分かれない、高温期が短い、高温期にさっと上がらない、高温期が安定しないなどの症状のあるかたにも効果的です。生殖器系を温めて、卵や黄体の状態を向上させます。

5 ストレスの影響で妊娠しにくい状況にある場合は、柴胡、芍薬など、ストレス抵抗性を高める生薬を使った漢方処方で、ストレスに強い体質を作っていきます(四逆散、逍遙散など)。PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)でなかなか排卵しない場合も、この体質が関係していることが少なくありません。漢方薬で緊張をゆるめて卵巣の機能を正常化させ、安定した排卵が起こるようにしていきます。

6 血行を改善して子宮や卵巣に豊かな栄養を送り込みたい場合は、芍薬、牡丹皮など、血行を促進する生薬配合の漢方処方を使います(桂枝茯苓丸、芎帰調血飲など)。卵管が狭窄しているようなときにも用います。タバコは血行改善の大敵である点も、お忘れなく。

7 加齢による衰えが心配な方は、黄耆、甘草など、からだ全体の機能を高める生薬を用いた漢方処方が適しています(帰脾湯、人参養栄湯など)。FSH(卵胞刺激ホルモン)値が高く、早期閉経あるいは更年期が近いことが懸念されている場合や、排卵していない場合も効果的です。ひとりひとりの体質に合わせた漢方処方に、これらの作用がある調合を加えて対処します。十分な睡眠・休養も心がけてください。(加齢による不妊が心配な方は、別サイト「35歳からの漢方不妊治療」も参考になさってください。)

(参考:西洋医学では)
西洋医学では、タイミング療法や、人工授精、体外受精・胚移植、顕微授精などが行われます。ホルモン剤や、高度な医療技術が使われます。
ホルモン剤には、たとえば排卵誘発の目的で、クロミフェン(クロミッドなど)やシクロフェニルなどの内服薬、hMG(ヒュメゴンなど)、FSHなどの注射などが用いられます。子宮内膜を厚くし、受精卵の発育を助けるために、黄体ホルモン補充療法(デュファストン)なども行われています。排卵のコントロールにはGnRHアゴニスト(スプレキュア)点鼻薬などの薬剤も使われます。いずれもホルモン治療です。

ホルモン治療を受ける場合、体内の自然なホルモン系に人工的に直接手を加えるわけですので、他の病気のホルモン治療の場合と同様、副作用について認識しておく必要があります。たとえばクロミフェンは3周期以上使うと子宮内膜が薄くなり妊娠しにくくなる、卵巣が腫れる、などの副作用があります。

男性側の不妊に対しては、ホルモン剤やビタミン剤が投与されます。また男性側の不妊の原因として精管閉塞や性機能障害がある場合は、それらの治療も行われます。

西洋医学では高度な医療技術を駆使して人工的に受精させたり、受精卵を子宮に戻したりして妊娠状態をつくります。しかし、肝心の母体や卵子の健康状態がよくなければ受精卵は育ちません。ホルモン治療を行うと、卵子が十分成熟しないまま排卵されたり、子宮内膜の肥厚が十分でないために受精卵がうまく着床できなかったりというケースもあります。体外受精で受精卵のグレードが低い場合や、せっかく受精卵ができてもなかなか着床しない場合など、漢方を服用、あるいは漢方と西洋医学を併用することで効果が上がることも、よくあります。

あなたに合った漢方薬がどれかは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにするのがいいでしょう。→当薬局top

ご予約はこちらから

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介