目の疲れ、眼精疲労が漢方薬で改善した症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で 目の疲れ、眼精疲労が改善した症例

(こちらは症例紹介ページです。目の疲れの解説ページは こちら へどうぞ)


■症例1「毎日ずっとパソコンに向かって仕事をしているので、目が疲れます。最近それがひどくなり、目がじんじんと痛んだり、こめかみのあたりが痛んだりします」

経理の仕事なので間違いが許されず、いつも緊張しています。隣のデスクの人との関係がぎくしゃくしており、ストレスも強く感じます。そのせいか、いらいらしやすくなりました。思わずため息もよく出ます。生理痛も強くなりました。赤い色の舌をしています。

この人の証は「肝鬱気滞」です。

ストレスや緊張の影響で肝気の流れが滞り、視神経、血行、眼球や目のまわりの筋肉運動の制御などが失調し、目の疲れや痛みが生じています。いらいら、ため息、生理痛、赤い舌などは、この証の特徴です。休日は痛みが生じない場合もあります。

この証の人に対しては、肝気の鬱結を和らげて肝気の流れをスムーズにしていく漢方薬で目の疲れを改善していきます。服用を始めて2カ月ほどで、目の痛みや頭痛がなくなりました。3カ月後には目の疲れも解消し、生理痛も軽くなりました。


■症例2「眼精疲労です。病院で目薬を処方され使っていますが、最近はあまり効き目を感じません」

目がかすみ、ドライアイもあります。頭がぼーっとします。足腰がだるく、めまいや耳鳴りも生じます。微熱っぽいような不快感があり、夜は足を布団から出して寝ています。寝汗もかきます。舌は赤く、舌苔はほとんど付着していません。

この人の証は「肝腎陰虚(かんじんいんきょ)」です。

腎は五臓の一つで、生きるために必要なエネルギー(気)や栄養(血)の基本物質である精(せい)を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、並びに水液や骨をつかさどります。精を基に血を生み出す臓腑であるため、「腎は血を生ず」といい、血に関して腎と肝とは深い関係にあります。そしてこれら肝と腎の陰液が不足している体質が、この証です。

このような体質の場合は、肝腎の陰液を補う漢方薬を使います。この人は漢方薬を服用し続け、半年ほどで眼精疲労を治しました。めまいや耳鳴りもなくなりました。


■症例3「眼精疲労です。まぶたがピクピク痙攣するのも気になります」

目がかすんで、目の乾燥感や、ごろごろとした異物感があります。生理中に悪化します。爪がもろく、肌のくすみも気になります。唇は乾燥し、荒れやすい状態です。舌は淡紅色をしています。

この人の証は「肝血虚(かんけっきょ)」です。

五臓の肝において必要とされる血液や栄養(肝血)が不足している体質です。

目や視神経に供給される血液量の不足や栄養障害により、目が疲れやすくなっています。まぶたの痙攣、目のかすみ、目の乾燥、生理中に悪化する、爪がもろい、肌のくすみ、唇の荒れ、淡紅色の舌などは、この証の特徴です。光がまぶしい、髪の毛が抜けやすい、夢をよく見る、などの症状を伴う場合もあります。

この場合は、肝血を補う漢方薬を用いて眼精疲労を改善します。服用を始めて4カ月で、眼精疲労の諸症状が改善しました。

 ***

毎日酷使する目の健康を保つには、ふだんの生活での配慮も必要です。パソコンに向かって作業を続けているときは、まめにパソコン画面以外のものに目を移して目を休ませたり、夜は十分睡眠を取ったりして、目をいたわりましょう。パソコンに向かうときに正しい姿勢を保つことも大切です。

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。

どうぞお気軽にご連絡をください。
→当薬局top

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
目の疲れ・眼精疲労の考え方と漢方処方
慢性的な目の疲れ・眼精疲労への漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介