めまい・ふらつきが改善した漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で「めまい・ふらつき」が改善した症例

(こちらは症例紹介ページです。めまい・ふらつきの解説ページは こちら へどうぞ)

■症例1「最近、めまいがします。それほど頻繁ではありませんが、不安やいらいらなど、ストレスを強く感じているときに、よく生じます。割れるような頭痛に襲われることもあります。心配で病院に行きましたが異常はありませんでした」

48歳の女性です。めまいがして頭が痛いときは、目が赤く充血しています。キーンという耳鳴りを伴うこともあります。更年期が近いせいか、のぼせることが増えました。薬は降圧薬を飲んでいます。舌をみると赤い色をしていました。

この女性の場合、めまい、頭痛、耳鳴りなどの症状から、「内風」の存在が考えられます。特にストレスや情緒変動の影響で、自律神経系をつかさどる五臓の肝の機能が失調し、内風が動き回りやすくなっています。

このような証を「肝陽化風(かんようかふう)」といいます。肝陽とは、自律神経系や情緒の安定を意味する五臓の肝の機能のことです。これが失調して内風となり、あるいは内風をあおり、めまいなどの症状を引き起こしているのが肝陽化風です。高血圧更年期障害、目の充血、赤い舌なども、この証と関係があります。

この証の人に対しては、五臓の肝を落ち着かせて内風を和らげる漢方薬で治療を進めます。服用して1カ月でめまいがなくなりました。体調がいいので続けて服用したところ、半年後には血圧も安定してきました。


■症例2「回転性のめまいに悩まされています。夜中に目が覚めたとき、部屋がぐるぐる回っていました。めまいはなかなか治まらず、気持ち悪くなり、吐いてしまいました。メニエール病と診断されました」

もともと胃腸が丈夫ではなく、ふだんから食欲はあまりありません。胃のもたれや膨満感があります。便は下痢ぎみです。体調が悪いときは、頭が重く張ったように痛みます。舌をみると白い舌苔がべっとりとついていました。

この人の証は「痰飲(たんいん)」です。痰飲とは体内にたまっている過剰な水分や湿気のことで、これが原因で体調を崩しています。この人の場合、痰飲が内風とともに上昇し、めまいやふらつきを生じさせています。吐き気や頭重感など、湿っぽい症状を伴いやすいのが特徴です。

この体調不良の基本には、消化器系の機能が滞り、過剰な水分が停滞しやすくなっている体質があります。そのために水分代謝が失調し、余分な水分が頭部に上がって滞留し、めまいを引き起こしています。この証を「痰濁上擾(たんだくじょうじょう)」と言います。「擾」は、乱すという意味の漢字です。

この証は、過剰な水分や湿気を取り除く漢方薬で体質を改善していきます。半年ほどで、メニエール病は完治しました。


■症例3「年齢とともに、立ちくらみやめまい、ふらつきが生じやすくなりました。若いころと比べて物忘れもひどくなってきました。年のせいだとは思いますが、めまいなどまったくない友人もおり、少々心配です」

ふらつきや立ちくらみだけでなく、耳鳴りや目のかすみといった症状もあります。疲れやすく、寒がりです。とくに腰から下が冷えます。舌をみると、白っぽい色をしていました。

この人の証は「腎虚(じんきょ)」です。成長・発育・生殖をつかさどる五臓の「腎」の衰えにより、めまいやふらつきが生じています。老化や生活の不摂生、過労、慢性病による体力低下などにより発生します。

からだの諸機能が衰えており、耳鳴りや目のかすみ、足腰の衰えなどの症状を伴います。この患者さんは、さらに寒がりとのことですので「腎陽虚(じんようきょ)」証です。

この患者さんには、腎陽を補うことにより人体の諸機能の衰えを補って、めまいなどの症状を改善する漢方薬を服用してもらい、ふらつきやめまいを治していきました。

  • *  *  *

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。

自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。
→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
めまい・ふらつきの考え方とストレス性めまいへの漢方処方
メニエール病や老化によるめまい・ふらつきへの漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介