若年性更年期障害が治った漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で若年性更年期障害が治った症例

(こちらは症例紹介ページです。若年性更年期障害の解説ページは こちら へどうぞ)


■症例1「去年の暮れに仕事の部署が変わって以来、生理周期が乱れています。ここ3カ月ほど生理が来ないので病院に行ってみたところ、若年性更年期障害の疑いがあると言われました」

33歳の女性です。新しい部署は前の部署と比べてストレスが多く、自宅に帰ってからもいらいらする日や眠れない日が増えました。生理は早く来ることもありますが、遅く来ることの方が多いようです。舌は紅色をしています。

この人の証は「肝鬱気滞(かんうつきたい)」です。身体の諸機能を調節(疏泄)する臓腑である五臓の肝の気(肝気)の流れが滞っています。ストレスや緊張の影響でなりやすい証です。肝気の流れの悪化がホルモンバランスの失調に影響を及ぼし、生理が乱れ、若年性更年期障害になっています。

生理周期が不安定、いらいら、不眠、紅色の舌などは、この証の特徴です。経血に血の塊が混じる、便秘と下痢を繰り返す、などの症状を伴う場合もあります。

この証の人に対しては、肝気の鬱結を和らげて肝気の流れをスムーズにしていく漢方薬で若年性更年期障害を治していきます。

服用を始めて3カ月目くらいから生理が安定して来るようになりました。その後もしばらく服用し続け、いらいらや不眠も改善されていきました。半年後の検査で若年性更年期障害の疑いはなくなりました。

■症例2「不妊治療を続けていますが、 FSH(卵胞刺激ホルモン)値が高く、閉経が近いかもしれないと言われ、焦っています」

38歳の女性です。生理周期も不安定で、たまに生理が来ても量が少なく、期間も短く、心配です。多汗や頭痛などの更年期症状もあります。白っぽい色の舌をしています。

この人の証は「血虚(けっきょ)」です。人体に必要な血液や栄養が不足している体質です。偏食など無神経な食生活、胃腸機能の低下、出血、慢性疾患などにより、この証になります。血が不足しているためホルモンバランスが乱れ、若年性更年期障害が生じます。

経血が淡紅色、髪の艶がない、爪が割れやすい、目が疲れる、などの症状がみられることもあります。

この場合は、漢方薬で血を補い、体調を調えます。

この女性は漢方薬を服用し、2カ月後から生理の量が増え始め、期間が長くなり、半年後くらいから生理が安定して28日周期で来るようになりました。翌年、自然妊娠しました。

■症例3「疲れているせいか、生理が安定せず、遅れて来ます。3カ月以上生理が来ないので婦人科に行ったところ、若年性更年期と言われました」

34歳の女性です。もう何年も残業の多い日々が続いており、過労気味です。経血は鮮血ではなく、淡紅色です。生理痛はさほど重くありませんが、量が多いので貧血気味で、疲れます。食欲はあまりありません。汗をよくかきます。白っぽい色の舌をしています。

この女性の証は「脾気虚(ひききょ)」です。消化吸収や代謝をつかさどる五臓の脾の機能(脾気)が弱く、生命エネルギーを意味する「気」が不足している体質です。過労、生活の不摂生、慢性疾患などにより気を消耗すると、この証になります。気の不足により、卵巣が十分血で潤わされず、若年性更年期障害になります。

疲労倦怠感、淡紅色の経血、月経過多、食欲不振、多汗、白っぽい舌の色などは、この証の特徴です。息切れ、軟便などの症状を伴う場合もあります。

この体質の場合は、脾気を強める漢方薬で若年性更年期障害の治療を進めます。服用を始めて少しずつ生理周期などが改善され、8カ月目から28日周期で安定して生理が来るように

なりました。疲れにくくもなりました。検査の結果、若年性更年期ではないと言われました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。

自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。
→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
若年性更年期障害の考え方と漢方処方
長引く若年性更年期障害への漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

更年期障害
もうホットフラッシュ?からだ全体のバランスを調えて更年期障害を今から予防

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介