痔が治った漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で痔が治った症例

(こちらは症例紹介ページです。痔の解説ページは こちら へどうぞ)

 

■症例1「いぼ痔です。痛みはありませんが、排便時にいぼが押し出されて、指で押し込まないと、元に戻らない状態です」

便はすっきり出ず、ねっとりとしています。ときどき肛門の辺りが痒くなります。舌には黄色い舌苔がべっとりと付着しています。

この人の証は、「湿熱(しつねつ)」証です。湿熱は体内で過剰な湿邪と熱邪が結合したものです。湿邪、熱邪は、それぞれ自然界の潮湿、火熱により生じる現象に似た症状を引き起こす病邪のことです。

便がすっきり出ない、便がねっとりとしている、肛門の辺りが痒い、べっとりとした黄色い舌苔などは、この証の特徴です。悪臭のある便、肛門の灼熱感などの症状がみられることもあります。

この証の場合は、漢方薬で肛門部の血行を改善しつつ湿熱を除去し、痔を治療していきます。この人は漢方薬を服用し、1カ月で内痔核が肛門から出てこなくなりました。安心して漢方薬の服用をやめるとまた出てきたので、引き続き3カ月間服用しました。その後は内痔核が脱出することもなく過ごしています。

 

■症例2「いぼ痔です。少し出血し、痛みます。肛門部に違和感があります」

便秘気味で、硬い便が出ます。腹痛や腹部膨満感を感じることがあります。口がよく渇きます。舌は紅く乾燥しており、黄色い舌苔が付着しています。

この人の証は、「実熱燥結(じつねつそうけつ)」です。旺盛な熱邪により津液が減少している証です。熱邪が肛門に侵入した結果、いぼ痔(痔核)を生じています。

熱邪には2つのタイプがあります。熱邪の勢いが盛んな実熱(じつねつ)と、熱を冷ますのに必要とされる陰液が不足しているために相対的に熱邪が強まって生じる虚熱(きょねつ)です。この症例の証は、大腸における実熱に相当します。

この証の場合は、腸の実熱を冷ます漢方薬で、痔を治療します。漢方薬を服用してもらったところ、便通がすぐに改善しました。1カ月ほどで肛門から出血することがなくなりました。3カ月で痛みもなくなり、いぼ痔は完治しました。


■症例3「長年、痔に悩んでいます。切れ痔で、ときどき血が出て、ひりひり痛みます」

便秘気味で、排便があるときは、うさぎの糞のような、ころころとした便が少ししか出ません。腹痛や腹部膨満感は、あまり感じません。舌は紅く、舌苔が乾燥しています。

この人の証は、「陰虚燥結(いんきょそうけつ)」です。陰液の不足が大腸に影響すると、この証になります。乾燥により、切れ痔(裂肛)が生じています。大腸における虚熱に相当します。う

さぎの糞のようなころころとした便、便は少量しか出ない、紅い舌、乾燥した舌苔などは、この証の特徴です。口渇、左下腹部を押すと糞便の塊に触れることができる、などの症状がみられることもあります。

この証には、腸を潤して虚熱を除去する漢方薬で、痔を治します。この人は、漢方薬の服用を始めて8カ月ほどで、切れ痔と決別しました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談するのが近道です。

どうぞお気軽にご連絡をください。
→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
痔の考え方と漢方処方
痔によくみられる証と漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介