過緊張が改善した漢方治療の症例

◆薬石花房 幸福薬局の漢方薬で過緊張(過度の緊張)が改善した症例

こちらは症例紹介ページです。過緊張の解説ページは こちら へどうぞ)

■症例1「会社のミーティングが苦手です。最近は役員会に呼ばれる機会が増え、発表しなくてはならない場面では、緊張しすぎて冷や汗をかき、声がうわずります」

それほど緊張しやすいほうではありませんでしたが、役員会の重苦しい雰囲気での報告や、大事な取引先でのプレゼンテーションとなると、かなり緊張します。

最近そういう機会が増えたせいか、下腹部の膨満感、残便感、頻尿、胸苦しさなどの症状があります。舌は紅色をしています。

この人の証は「肝鬱気滞」です。肝の気(肝気)の流れがわるくなっている状態で、刺激に対する反応が敏感になっているために、過度の緊張が生じています。

腹部の膨満感、残便感、頻尿、胸苦しさ、舌が紅色、などは、この証の特徴です。便秘と下痢を繰り返す場合もあります。

この証の人に対しては、肝気の鬱結を和らげて、ストレス抵抗性を高める漢方薬を使います。この人は、2か月ほど漢方薬を服用し、過度の緊張を和らげました。飲んでいると調子がいいとのことで、その後も続服しています。

■症例2「接客業をしていますが、緊張しやすく、特にお客さんがいらいらしたり、怒ったり、大きな声を出したりすると、どきどきして、手が震えてしまいます」

もともと疲れやすく、あまり体力や根性のないほうでした。顔色につやがなく、生理不順で生理が遅れがちです。ときどき立ちくらみがあります。舌は赤く、舌苔は薄くて乾燥しています。

この人の証は「肝陽化風(かんようかふう)」です。

五臓の肝において必要な血液や栄養(肝血)が不足している証(肝血虚[かんけっきょ])がベースにあり、肝の機能(肝陽)が抑制されずに上昇して肝陽上亢(かんようじょうこう)が強くなると、あるいは長引くと、筋をつかさどる肝の機能が失調してこの証になり、震え、引きつりなどの症状(内風)が生じます。めまいやふらつきなどの症状も現れます。

この体質の場合は、肝陽を落ち着かせて内風を和らげる漢方薬で治療を進めます。この人は漢方薬を5カ月ほど服用したころから手の震えが治まり、その後はベースにある肝血虚を改善するための漢方薬に切り替えて服用を続けています。

■症例3「小心者で、ちょっとしたことですぐ緊張し、不安になります。気持ちが落ち着かず、夜もよく目が覚めます」

昔から心配性で、細かいことが気になります。落ち着いてじっとしているのが苦手です。夜は布団に入っても目がさえてしまい、ようやく眠りについても職場でのリアルな夢をみて、またすぐに目が覚めてしまいます。

手足がほてるので、よく手足を布団から出しています。寝汗をよくかきます。動悸や、耳鳴り、胸苦しい感じがあります。舌は紅色をしています。

この人の証は「心腎不交(しんじんふこう)」です。人間の意識や思惟など、高次の精神活動(神志[しんし])をつかさどる五臓の心が過度の刺激を受けて高ぶり、熱を帯びて「心火」となり、同時に五臓の腎の陰液が消耗(陰虚)して「腎陰虚」となっています。

生活の不摂生や過労、緊張する場面の継続などで、この証になります。心火に加え、陰虚のために熱証が高まります(陰虚火旺[いんきょかおう])ので、緊張、不安、じっとしていられない焦燥感、不眠、動悸に加え、手足のほてり、寝汗、ふらつき、口渇などの症状がみられます。

この証の人に対しては、腎陰を潤しつつ心火を冷ます漢方薬を使います。この人は、腎陰を補う漢方薬と、心火を冷ます漢方薬)を併用し、およそ1年かけて緊張体質を改善しました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。

自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
過度の緊張(過緊張)の考え方と漢方処方
慢性的な過緊張への漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介