手荒れ・手湿疹(主婦湿疹)が漢方で治った症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で手荒れ・手湿疹(主婦湿疹)が治った症例

(こちらは症例紹介ページです。
手荒れ・手湿疹(主婦湿疹)の解説ページは こちら へどうぞ)

 

■症例1「主婦湿疹で、手が荒れています。指先も手のひらも乾燥してかさつき、ひび割れが生じています」

指先は乾燥してつるつるしており、皮膚が硬くなっています。病院で処方されたステロイド外用薬を塗ると症状は改善しますが、やめると再発し、湿疹の範囲が広がっていくので塗るのをやめました。

手足が冷えます。舌は白く、白い舌苔が付着しています。

この女性の証は、「血虚(けっきょ)」です。人体に必要な血液や栄養を意味する血(けつ)が不足している状態です。

乾燥、かさつき、ひび割れ、白い舌、白い舌苔などは、この証の特徴です。しびれ、凍瘡(しもやけ)、目の疲れなどの症状がみられることもあります。

この証の場合は、漢方薬で血を補い、主婦湿疹を治していきます。手足の冷えが強いので、この人には冷えをとる作用も加えた漢方薬を使ったところ、2カ月で主婦湿疹が完治しました。


■症例2「手のひらに湿疹ができています。痒くてたまりません。皮膚科で汗疱状湿疹といわれました」

手のひらや指の付け根に、小さな水疱がたくさんできています。一部は皮がむけています。毎年、5月の連休の頃から悪化し、秋になると落ち着きます。皮膚科で出されるステロイド外用薬はあまり効かず、気休め程度です。舌には白い舌苔がべっとりと付着しています。

この人の証は、「痰湿(たんしつ)」です。痰湿とは、体内にたまった過剰な水分や湿気のことです。痰湿が皮膚で水疱を形づくっています。

このような状態の場合は、痰湿を取り除く漢方薬で湿疹を治していきます。

この人には症状が悪化し始めた5月から漢方薬を服用してもらったところ、毎年、最もつらい梅雨時の6月には湿疹がなくなり、7月、8月もまったく湿疹に悩まされずに済みました。


■症例3「手のひらの湿疹が悪化し、水疱に膿がたまり(膿疱)、かさぶた(痂皮)ができて皮膚が剥がれています。見た目もきれいでないので、人に見られたくありません。病院で掌蹠膿疱症と診断されました」

湿疹の状態は、良くなったり悪くなったりします。痒くて仕方ありません。舌は紅く、黄色い舌苔がべっとりと付着しています。

この人の証は、「湿熱(しつねつ)」です。湿熱は、熱邪と湿邪が結合したものです。膿疱、痂皮、痒み、紅い舌、べっとりとした黄色い舌苔などは、この証の特徴です。痛みを伴う場合もあります。

このような場合は、漢方薬で湿熱を除去し、湿疹を治療していきます。

この人に漢方薬を服用してもらったところ、1カ月後には痒みが治まってきました。飲み続けるうちに症状は徐々に改善し、1年ですっかりきれいな手に戻りました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。

どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
手荒れ・手湿疹(主婦湿疹)の考え方と漢方処方
痒みが強い手荒れ・手湿疹への漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

 

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介