歯周病が改善した漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で歯周病が改善した症例

(こちらは症例紹介ページです。歯周病の解説ページは こちら へどうぞ)

■症例1「最近、冷たい水を飲むと歯にしみるようになりました。歯を磨くと歯茎から血が出ることもあります。歯医者さんで診てもらい、歯周病と言われました」

朝起きると、口の中が粘ついています。口臭が気になります。疲れると歯茎がはれて、歯が浮くように感じることもあります。舌をみると赤く、その上に黄色い舌苔がついています。

この人の証は「胃熱」です。胃から上の消化器官で炎症を起こしやすい体質です。熱邪が胃の機能を阻害して口の中に上昇し、歯周病を生じています。口臭、赤い舌、黄色い舌苔は、この証の特徴です。口内炎ができやすい、のどが渇く、といった症状もよくみられます。

この証の人に対しては、胃熱を冷ます漢方薬を使います。この人の場合は、胃熱を冷まし、さらに胃腸機能を調える漢方薬を服用して2カ月ほどで炎症が治りました。口臭も気にならなくなりました。


■症例2「長年、歯周病に悩まされています。歯医者さんに通っているのですが、なかなか治りません。唾液の量が少ないのが原因だと言われました」


仕事の関係で疲れがたまったときや、緊張が続くときに、胃が重くなり、歯周病が悪化します。口内炎もできます。

「唾液には殺菌作用があるのだが、あなたの場合、唾液が少ないので歯周病菌がなかなか減らない」と歯医者さんは言います。舌は深赤色をしており、舌苔がほとんどついていません。

この人の証は「胃陰虚」です。疲労、緊張、ストレス、暴飲暴食などによる胃への負担などが長引くと、次第に体液などの陰液が消耗し、この証になります。

陰液が少ない体質なので熱を冷ます機能が弱く、その結果、相対的に熱が余ることになり、それが熱邪となって口の中で炎症を引き起こします。

なお五臓六腑の「胃」は単なる解剖学的な胃ではなく、口腔内を含め広く消化器官を指します。

この体質の場合は、胃の陰液を補う漢方薬で、歯周病ができやすい体質を改善します。

この人は漢方薬を服用することにより次第に唾液の分泌量が増え、3カ月後には歯周病の病巣が小さくなり始め、9カ月後に病巣は完全になくなりました。陰液が補われ、免疫力が高まったのでしょう。


■症例3「歯医者さんに通っているのですが、歯周病が根治しません。もともと疲れやすく、かぜをひきやすいので、免疫力が弱いのが根本的な原因かと思っています」


昔から胃腸が弱く、なにかあるとすぐ食欲がなくなります。便は軟らかめで、よく下痢をします。疲れるとすぐ口内炎ができます。だるさや立ちくらみを感じることもあります。舌は白っぽい色をしています。

この人は「脾気虚」証です。消化吸収機能が弱く、免疫力が低下しています。

気が不足すると諸機能が衰えるため、熱をコントロールする機能が弱くなり、炎症が生じやすくなります。その結果、歯周病菌の勢いがなかなか弱まらず、歯周病が根治できません。

こういう場合は漢方薬で脾気を補うことにより、歯周病の治療を進めます。この人は漢方薬を服用して6カ月目くらいから、ようやく歯周病の病巣が小さくなってきました。少しずつ疲れにくくなり、かぜもひかなくなってきました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。

どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
歯周病の考え方と漢方処方
なかなか治らない歯周病への漢方処方

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介