膝の痛みが改善した漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で膝の痛みが改善した症例

(こちらは症例紹介ページです。膝の痛みの解説ページは こちら へどうぞ)

■症例1「膝が痛みます。冷えると悪化するので、冷えないように服装などで気を使っていますが、なかなか改善しません」

膝の痛みは強烈で、階段を降りるときには激痛が走ります。冷え症で、夏のクーラーも苦手です。膝の痛みは、お風呂に入ると楽になります。舌には白く湿った舌苔が付着しています。

この人の証は、「寒痺(かんぴ)」です。寒邪が侵入することにより、痺証となっています。寒邪は気血を凝滞させやすいため、痛みは激しく、固定性です。冷え症、冷えると痛みが悪化する、温めると楽になる、白く湿った舌苔などは、この証の特徴です。しびれ、むくみ、下痢などの症状がみられることもあります。

この証の場合は、漢方薬で寒邪を除去し、膝の痛みの治療を進めます。この人は漢方薬を服用し、2カ月目くらいから症状が緩和されてきました。

■症例2「変形性膝関節症です。もう何年間も膝の痛みが続いています。脚が重だるく、しびれを伴います」

膝は曲げにくく、こわばった感じがします。朝起きたときの動かし始めが、特に動かしにくく思います。病院では何度か膝にたまった水を抜きましたが、しばらくするとまた水がたまります。

脚がむくみやすく、夕方になるとぱんぱんになります。舌は白く、表面に白い舌苔がべっとりと付着しています。

この人の証は、「湿痺(しっぴ)」です。湿邪による痺証です。湿邪が盛んなため、重だるい、むくみ、関節液、べっとりとした舌苔などの湿証が表れます。

この証の場合は、湿邪を除去する漢方薬で、変形性膝関節症の治療を進めます。この人に漢方薬を服用してもらったところ、2カ月で脚の重だるさやしびれが軽減し、むくむことが減りました。

5カ月ほどで膝の痛みも治りました。体重も5kg減り、喜ばれました。


■症例3「長年の変形性膝関節症で、膝にしびれと痛みがあります。同じところが痛むこともあれば、膝のあちらこちらに痛みが移動する場合もあります」

脚の筋肉がひきつり、夜中にこむら返りに見舞われることがたびたびあります。舌は淡紅色で、白い舌苔が付着しています。

この人の証は、「血虚(けっきょ)」です。血(けつ)が不足している証です。血の不足により膝が十分に滋養されず、痛みが生じます。しびれ痛み、こむら返りなどは、この証の特徴です。皮膚に艶がない、眠りが浅い、などの症状がみられることもあります。

この証には、血を補う漢方薬で変形性膝関節症の治療をします。この患者には湿痺や風痺の症状もみられたため、それらの症状に効果的な漢方薬を使いました。1年後には痛みもしびれもすっかりなくなりました。

***

同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。

どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した以下の記事をもとにしています。
膝の痛みの考え方と漢方処方
慢性的な膝の痛みに効く漢方

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介