後鼻漏が治った漢方治療の症例

薬石花房 幸福薬局の漢方薬で後鼻漏が治った症例

(こちらは症例紹介ページです。後鼻漏の解説ページは こちら へどうぞ)

■症例1「寝るときに仰向けになると鼻水が喉に垂れてきて不快です。苦しくなることもあるので横を向いて寝るようにしていますが、それでも苦しかったり咳が出たりして夜中に目覚めることが多く、熟睡できません」

後鼻漏は粘っこく黄色い色をしています。よく鼻がつまります。そのせいか頭が重く、ときに痛みます。舌は紅く、黄色い舌苔が付着しています。

この患者さんの証は、「肺熱(はいねつ)」です。肺は五臓のひとつで、肺などの呼吸器系、鼻、咽喉、皮膚、粘膜などが含まれます。この肺に熱邪が侵入するとこの証になり、炎症を起こし、後鼻漏が生じます。

粘っこく黄色い鼻水、鼻づまり、頭痛、頭重感、紅い舌、黄色い舌苔などは、この証の特徴です。口渇、喉の痛みなどの症状がみられることもあります。

この証の場合は、漢方薬で肺熱を除去することにより、後鼻漏を治療します。

この患者さんは、漢方薬の服用を始めて2か月後くらいから後鼻漏の色が薄くさらさらとしてきました。4か月目には後鼻漏がずいぶん減りました。その後も漢方を飲みづづけ、8か月後には後鼻漏に悩まされることはほとんどなくなりました。おかげで熟睡できるようになったと喜ばれました。


    ■症例2「長年、後鼻漏に悩んでいます。鼻水が喉に流れてきて不快です。喉への刺激となって咳き込むこともあります」

    鼻はつまりがちです。鼻をかんでも鼻水は出ません。ときに動悸やめまいに見舞われます。舌は紅く、黄色い舌苔がべっとりと付着しています。

    この患者さんは、「痰濁上擾(たんだくじょうじょう)」証です。痰飲が頭部に上擾(じょうじょう)して鼻腔内であふれ出し、あるいは粘膜に浮腫を生じさせることにより、後鼻漏や咳き込み、鼻づまりが引き起こされたものと思われます。

    この体質の場合は、痰飲を下降させて除去する漢方薬で、後鼻漏を治療します。

    この患者さんは、漢方薬の服用を始めて3か月後には咳き込むことがずいぶん減りました。10か月後には後鼻漏に悩まされることがなくなりました。


    ■症例3「昼も夜も後鼻漏があります。垂れてくる鼻水はねっとりとしており、やや黄色く、臭いがして不快です」

    耳鼻科で副鼻腔炎と診断されました。抗生物質で治療すると一旦は改善しますが、しばらくすると再発します。乾いた咳が出ます。口臭も気になります。舌は紅く、舌苔はあまり付着していません。

    この患者さんの証は、「肺陰虚(はいいんきょ)」です。五臓の肺の陰液が不足している体質です。陰液の不足により相対的に熱が余って熱邪となり、炎症や口臭が生じています。

    黄色くねっとりとした臭いの強い鼻水、乾咳、口臭、紅い舌、少ない舌苔などは、この証の特徴です。口渇、息切れ、血痰などの症状がみられることもあります。

    この体質の場合は、漢方薬で肺の陰液を補い、後鼻漏を治します。

    この患者さんは、漢方薬を服用して5か月後くらいから鼻水の色や臭いが気にならなくなってきました。8か月後には昼も夜も後鼻漏がほとんど出なくなりました。1年後に耳鼻科で検査したところ副鼻腔炎は完治していました。

    この証では、後鼻漏の量そのものは多くないけれども神経過敏となり、後鼻漏に悩まされるケースもみられます。

    ***

    以上の症例のほかに、さらさらと水のように流れ落ちてくる後鼻漏なら、「寒痰(かんたん)」証です。寒痰を除去する漢方薬で後鼻漏を治療します。

    また、後鼻漏が黄色く、粘り気があり、多痰や咳嗽も伴うようなら、「熱痰(ねったん)」証です。熱痰を排除する漢方薬を用い、後鼻漏を治します。

    ***

    同じようなお悩みでお困りの方、一度漢方薬をお試しになりませんか?
    上記の症例のように実際に悩みを解決した方もいらっしゃいます。

    あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。

    どうぞお気軽にご連絡をください。→当薬局について

    薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

    出典:本ページは「日経DIオンライン」に幸井俊高が執筆した記事をもとにしています。

    関連ページ・症例・エッセイなど

    自分に合った漢方薬に出会うには

    自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

     

    そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

     

    当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

     

    自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

    カウンセリングスタッフ紹介