カウンセリングや治療について

Qカウンセリングでは何をするのですか?
A

漢方薬は、患者ひとりひとりの体質や病状に合わせて処方されます。いわばオーダーメイドの薬です。そのために必要なのがカウンセリングです。カウンセリングでは中医師が30分ほど時間をかけて病状や体質について話を聞きます。安心してお話いただければ結構です。そしてカウンセリングに基づいて、あなたに最適な処方が決まります。

Qカウンセリングは、なぜそんなに重要なのですか?
A

その人にあった漢方薬の処方を判断するためには、多くの情報が必要になります。

たとえばアレルギー性鼻炎という病気の場合、鼻水がつらいのか、鼻づまりがつらいのか、あるいはくしゃみが困るのか。鼻水でお困りの場合なら、それは水のように流れ落ちる鼻水なのか、粘っこい鼻汁なのか、さらに朝夕どちらが多いのか、季節によってどうか、冷えはどうか、食欲はどうか、などなど、細かい情報をたくさん聞いて初めて正確な処方が判断できるのが、漢方です。

ではなぜそのような細かい情報が必要なのでしょうか。それは、漢方薬が病気を体の中から根本的に治していく薬だからです。単純に鼻水が出るのを抑えればそれでよし、というのではなく、漢方薬は、病気の原因となっている根本的な要因を改善することにより、病気を元から治していく薬なのです。

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、最適な漢方処方を考えていきます。こうして、ひとりひとりに最適な漢方薬が決まっていくのです。

カウンセリングは、とくにむずかしいものではありません。薬局にてあなたの病状や悩みをくわしくお聞きしますので、ご自身のご状態や症状についてお話いただければと存じます。

Qカウンセリングは、どのくらい時間がかかりますか?
A

カウンセリング時間は、初回は約30分~1時間、2回目以降は10分~15分程度です。初回はお薬についての事務的なご説明などもございますので、1時間から1時間半ほどお時間をみていただければと存じます。

Q毎回薬局に行かなくてはいけませんか?
A

2回目以降のご注文は、お電話やメールでも承ります。出来上がったお薬は薬局でお受け取りください。再度カウンセリングをしてお薬をご注文される場合は、それに所定のカウンセリング料が必要となります。

Qどのくらいのペースでカウンセリングを受ければいいですか?
A

2回目以降のカウンセリングは、1~2か月に一度くらいのペースでお受けいただくのが一般的です。必要があれば毎回でもお受けしております。とくに自覚症状に変化がなくても、舌に改善の兆しがあらわれることなどもありますので、とくに最初のうちは、できれば1か月に一度くらいは薬局に来ていただくのがよろしいかと存じます。詳細は、お互いに相談のうえ、判断しています。

Q直接そちらにいけない人はどうすればいいですか?
A

初回は薬局にて直接カウンセリングを受けていただくようお願いしています。メールや電話のみによる相談やカウンセリングは行っておりませんので、よろしくお願いします。

Qカウンセリングを受けてから漢方薬を服用するか決めたいのですが?
A

カウンセリングのみのご相談もお受けしております。カウンセリング後に体質のご説明やお薦めの食材などもアドバイスいたしますので、ご活用ください。

Q最初は何日分のお薬の処方がされますか?
A

慢性疾患の場合、漢方薬は最初は14日分ずつ調合するのが一般的ですが、それ以外の日数分の調合ももちろん可能です。味や匂いが心配で1日分から試したい、などご希望がありましたら、お気軽にご相談ください。

Q電話やメールでカウンセリングを受けることはできますか?
A

申し訳ありませんが、当薬局では電話やメールだけでのカウンセリングは行っておりません。まず最初は薬局にお越しいただき、直接対面してお話をうかがってから、漢方治療の方向や処方の判断をしております。

一度薬局でカウンセリングを受けていただいたあとは、気になることやご質問など、お電話やメールでのお問い合わせに対しても薬局スタッフが対応いたしますのでご安心ください。

なお、ご本人が入院中など、どうしてもご本人が薬局に来られない場合は、ご家族のかたなど、そのかたの病状や体質について詳しいかたに代理で薬局に来ていただいて、お話をうかがっております。

漢方薬の飲み方・煎じ方・保存方法について

Q漢方薬の煎じ方は難しいですか?
A

難しくはありません。ふつうの鍋や土瓶(どびん)、やかんなどの容器を使い、煮出していただくだけです。具体的には、まず容器に生薬と所定の量の水を入れ、火にかけます。沸騰したら弱火にして煮出し続けます。処方によって多少違いますが、通常沸騰後約20分~30分でできあがります。なお鉄瓶(てつびん)は、生薬の薬効が低下する場合がありますので、使用しないでください。

漢方薬を自動で煎じる器具もあります。こちらをお使いいただければ、ボタン操作だけで手軽に煎じることができます。当薬局でも扱っております(薬局でのお渡し、ご発送も承ります)。

Q忙しくて漢方薬を煎じる時間がありません?
A

煎じ代行サービスをご利用いただければ、煎じた液体の状態で漢方薬をお渡しできます。煎じ代行料は1日分300円(税抜)で、14日分からお受けいたしております。

Q賞味期限はあるのですか?
A

漢方薬の原料は天然の生薬ですので、いつまでも大丈夫というわけにはいきません。一般に、生薬の状態では常温で3か月、冷蔵庫に保管する場合は半年、煎じパックでは常温で1か月、冷蔵庫に保管する場合は3か月保存ができます。また、ご家庭などで煎じたものについては、あら熱をとったのち、冷蔵庫内に保管してください。漢方薬には防腐剤などが入っていませんので、とくに夏季は注意してくださいますよう、お願いいたします。

費用と期間について

Q初回の予算はどのくらいですか?
A

初回14日分ご注文の場合、担当が当薬局の代表(幸井)ですとカウンセリング料と合わせて約30,000円、それ以外の一般のカウンセリングスタッフの場合は約15,000円となります。料金の詳細・ご案内については、こちらをご覧ください。

Q2回目以降の予算はどのくらいですか?
A

2回目以降は、何日分を調剤するかにより、料金が変わります。当薬局の場合、2週間分や4週間分ずつ服用するか、あるいはその都度ご相談をして決めていくのが一般的です。

ご参考までに、2週間分ご注文の場合は、担当が当薬局の代表(幸井)ですと約20,000円、それ以外の一般のカウンセリングスタッフの場合は約15,000円(1日あたり1,000円の場合)、4週間分の場合は、幸井ですと約40,000円、一般のカウンセリングスタッフの場合は、約30,000円(1日あたり1,000円の場合)となります。再度カウンセリングを受けていただく場合は、それに所定のカウンセリング料が必要となります。料金の詳細・ご案内については、こちらをご覧ください。

Qカウンセリング担当者により料金が異なるのはどうしてですか?
A

漢方薬の処方の判断には、担当者の「処方を決める能力」の違いが関係してくるからです。当薬局のスタッフは全員、その能力を十分に備えていますが、当薬局の代表は漢方関係の本を十数冊出版するなど、その能力が広く認められており、そういう点で代表のカウンセリングを希望される方もいます。カウンセリングスタッフの紹介ページも参考になさってください。

当薬局のカウンセリングスタッフは、すべて北京中医薬大学または上海中医薬大学の日本校で漢方・中医学を学び、当薬局の代表のもとで研鑽を受け、カウンセリングを行い処方を判断するのに十分な能力をもつと認められたものです。安心してカウンセリングをお受けいただければと存じます。

Q長期間飲まないとだめですか?
A

必ずしもそのようなことはありません。病気や症状の根本原因が改善されれば、少しずつ漢方の服用量を減らし、様子をみながら服用をやめていただくのが一般的です。

ただし、たとえば肝臓がわるいのに仕事の関係でお酒を飲む機会がどうしても多い、など、病気や体質を悪化させる要因と常に接し続ける環境にある場合や、病気の悪化を防ぐ目的、あるいは病気の予防や健康維持の目的で漢方薬を飲む場合などは、気長に漢方とつきあう必要もあるでしょう。

漢方薬について

Qどんな症状に効くのですか?
A

漢方薬は自然治癒力を高め、からだ全体のバランスを調えますので、多くの慢性的な病気に対応できます。とくに皮膚の病気、アレルギー、女性特有の症状、内科の病気、精神や神経に関するものなどに効果的です。

とくによく見られる病気や症状については、実際の症例なども紹介しながら『男のための漢方』(文春新書)や『漢方美人講座』(文藝春秋)にてわかりやすく解説しました。参考になさってください。

Q漢方は西洋医学とどう違うのですか?
A

西洋医学は、病気になってから生じた症状を抑える対症療法が主流であるのに対し、漢方は病気の根本原因そのものを改善していく医学です。根本原因がなくなるにつれ、症状は次第にやわらぎます。人間がもつ免疫力や自然治癒力を漢方生薬で高めることにより病気の根本治療を行うのが漢方です。

Q副作用がないって本当ですか?
A

使い方を間違わなければ副作用はほとんどない、というのがその答えだと思います。中国では長い年月をかけて薬効のある生薬を見つけ、さらに長期間かけてその生薬の有効性について検証を重ねてきました。たとえば葛根湯という漢方薬は二千年近く前の時代の文献にすでに出ています。そのころから考えてもすでに二千年近く実際の臨床現場で使われてきたわけですから、その有効性や安全性についてはまず問題がないといえるでしょう。

ただ注意してほしいのは、あたかも漢方薬であるかのようにして売られている健康食品などです。中国から輸入される健康食品の中には、化学物質が含まれているものも少なからずあります。にもかかわらず、中国から輸入、イコール漢方薬、イコール副作用もなく安全、という信仰が広く浸透しているために被害が広がることもあります。そのいくつかは「やせる」「がんが治る」などの宣伝とともに輸入されてきますが、そういう宣伝文句を盲目的に信じ、漢方薬でもないのに漢方だから安心、と気をゆるめないようにしてください。

Q漢方薬に農薬は使われていますか?
A

当薬局では、残留農薬が人体に与える悪影響を避けるため、残留農薬等に関するポジティブリスト制度に従い、451種類の農薬の残留濃度を検査し、安全性が確認された生薬のみを使用しております。厳しい基準のもとで品質管理された生薬のみを使用していますので、ご安心ください。

Q煎じ薬以外に漢方薬はあるのですか?
A

多くの場合、漢方薬は煎じることにより最大の薬効を発揮することができますので、煎じ薬が処方される場合が多いでしょう。

一般に病院や薬局でみられる顆粒や錠剤は、エキス剤です。エキス剤は、工場の大きな釜で生薬を煮出して煎じ薬を作り、さらに加熱して作られます。インスタントコーヒーと同じ製造方法です。エキス剤は飲みやすさや持ち運びやすさの点で便利ですが、インスタントコーヒーの味や香りが本物のコーヒーに遠く及ばないのと同様、漢方本来の薬効は期待できません。特に熱に弱い成分や揮発性の成分は、エキス剤製造過程でかなり失われます。

Q煎じ薬、散剤、エキス剤(エキス顆粒・錠剤)の違いを教えてください?
A

漢方製剤には、煎じ薬、散剤、エキス剤(顆粒や錠剤)などがあります。慢性の疾患の場合は、エキス剤などに比べて薬効の高い煎じ薬をおすすめしています。

本来の煎じ薬とエキス剤との薬効の違いは、本格的なコーヒーとインスタントコーヒーとの差以上のものがあります。慢性病の治療や体質改善には煎じ薬を服用し、エキス剤は、軽い症状や出張のときなど、一時的な場合の服用にとどめておくのがいいでしょう。薬の選び方の詳しい解説については、こちらをご覧ください。

Q漢方薬の種類はどれくらいあるのですか?
A

漢方薬は、その人の症状や体質に合わせて複数の生薬を組み合わせて作ります。ドクダミ茶やハトムギなど、それだけを煎じて飲む民間薬や健康食品とは異なります。漢方薬の原料となる生薬は、たとえば中薬大辞典には3093種類収載されています。漢方薬はその複数の組み合わせですので、処方の種類としては無限にあるのではないでしょうか。

Q日本で漢方生薬はとれるのですか?
A

多くの生薬の産地は中国です。しかし日本産のもののほうが品質がよい場合もあります。また同じ生薬名でも日本と中国、あるいは中国のなかでも産地によって異なる植物を指す場合もあり、そのような場合は使い分けをすることもあります。

Qよく出てくる「気」「血(けつ)」って何ですか?
A

人の体は単なる肉のかたまりではなく、また心臓や脳や胃腸、骨、手足などを寄せ集めて作られた精密機械でもありません。生命力がそれらをひとつにつなぎ、活力を与えてくれています。漢方では、この生命力を「気」や「血(けつ)」の概念であらわします。

気とは漢方の場合、生命力そのものです。生命エネルギーともいえます。気は私たちの体内を流れ、生命活動をになっています。気が完全に作用しなくなったとき、私たちは単なる肉体つまり死体となります。気が十分あり、それがスムーズに体内を流れるとき、私たちは健康です。

生命力にはもうひとつ、体に栄養を与える力も必要です。これを血(けつ)といいます。血は体中を流れ、各臓腑を潤します。十分な量の血が体内をさらさら流れていると私たちは元気です。

体内の気や血の量が不足したり、また流れが悪くなったりしたとき、私たちは体調をくずし、病気になります。そういうとき漢方薬を使って気や血の状態を正常に戻し、病気の治療をするのが漢方です。

その他

Q保険はききますか?
A

薬石花房の漢方薬には保険はききません。 たしかに保険がきけば経済的な負担が軽くてすむので便利ですが、保険がきく生薬には限りがあります。さらに無農薬など品質の高い生薬を使うとなると、保険で支払われる金額では赤字になります。また保険がきく漢方は顆粒や錠剤がほとんどですが、体質や慢性病の根本から改善していこうとなると、どうしても煎じ薬が必要です。生薬の品質や、きめの細かい処方を求める場合、保険適用内では限度があるといえます。体質や病状に合わせた漢方薬を飲みたいならば、処方できる生薬の種類や品質に制限がない、つまり保険がきかないところのほうがいいでしょう。軽い病気や、ちょっと漢方を試したいような場合、あるいは経済的な問題がある場合は、まず保険のきく医療機関で顆粒か錠剤を試し、効果が感じられなかったら本格的なところで相談するというのもいいかもしれません。

Q医療費控除の対象となりますか?
A

漢方薬の場合、控除の対象となる場合とならない場合とがあります。たとえば健康維持や病気の予防、美容のための医薬品代は控除の対象となりません。配合される生薬成分に左右される場合もありますが、最終的には税務署の判断によります。税務署などにお問合せいただければと存じます。

Qよい漢方薬局の見分け方があれば教えてください?
A

自分に合った漢方薬を決めるには、まずカウンセリングで自分の病気や悩みについて十分話をすることが必要です。漢方薬を扱うところは熱心に漢方の勉強をなさっているところがほとんどですが、それぞれ専門や得意分野などがある場合もありますので、直接問い合わせたり、知り合いの人の話を聞いたり、本やインターネットで調べたりするといいでしょう。ただ場合によっては流行している健康食品ばかりを薦めたり、ろくに話も聞かないで漢方薬を出したり、あるいはマニュアルに頼ってカウンセリングをするところなどもあるようですのでご注意ください。