カウンセリングスタッフ一覧

代表
幸井 俊高(こうい としたか)

東京大学薬学部卒業
北京中医薬大学卒業
ジョージ・ワシントン大学経営大学院修了
1998年 … 中国政府より日本人として18人目の中医師の認定を受ける
2000~2005年 … 北京中医薬大学日本校講師を務める
2000年 … 薬局経営者や薬剤師向けにもセミナー講演や執筆を始める
2004年 … 日本経済新聞『日本の実力派たち』のひとりに選ばれる
2008年 … 学士会会報に「漢方 口に苦し」掲載
2008年〜 … 「現代用語の基礎知識」(自由国民社)の漢方・中医学分野の解説・執筆を担当

著書に『症状・疾患別にみる 漢方治療指針』『医師・薬剤師のための漢方のエッセンス』(ともに日経BP社)、『舌をみれば病気がわかる』(河出書房新社)など多数。中国・台湾・韓国で翻訳・出版されているものも多い(おもな出版物をご覧ください)
Photo  by  Atsushi. Ojima

「処方を正確に決める力は、『考える力』の強さによって決まります。豊かな知識や経験などは、あまり関係ありません。 当薬局のスタッフは、その『考える力』を厳しく叩き込まれていますので、安心してカウンセリングを受けてください」

薬剤師・国際中医師
朝倉 小百合(あさくら さゆり)

九州大学薬学部卒業
北京中医薬大学卒業
大学卒業と同時に「薬石花房 幸福薬局」に入る。3年間幸井のもとで研修を受けたのち、カウンセリングを始める。北京中医薬大学で学んだ漢方の知識の上に、日々の実践経験で得られる知恵を積み重ね、ときに西洋医学の知識も参考にしつつ、日々、質の高いカウンセリングと処方決断に努める。丁寧で、安心感のあるカウンセリングが好評。

「みなさまに喜ばれる仕事をしていけますよう、努めます。」

薬剤師・国際中医師
壷井 直子(つぼい なおこ)

九州大学薬学部卒業
上海中医薬大学卒業
大学卒業後、病院薬剤部に勤務ののち、「薬石花房 幸福薬局」に入る。幸井のもとで研修を受けたのち、カウンセリングを始める。数年間の病院勤務のなかで、もっと患者さんに寄り添った医療、そして対症療法に加えて根本的な病気の改善を目指す医療を志向するようになり、中医学・漢方の道に入る。 親身で丁寧なカウンセリングに好感が持たれている。

「漢方が、みなさまがご自身のおからだのことを見つめ直すきっかけになれば、幸いです。」

薬剤師・国際中医師
小澤 由香里(おざわ ゆかり)

明治薬科大学薬学部卒業
大学卒業後、調剤薬局に勤務。東洋医学の奥深さに興味を持ち、業務の傍ら、中医学の基礎と臨床の勉強を始める。その後「薬石花房 幸福薬局」に入り、幸井のもとで実践的な研修を受けたのち、カウンセリングを始める。穏やかなカウンセリングに癒される患者さんも多い。

「みなさまの心もからだも元気になりますよう、日々の仕事に努めます。」