頚椎症(症例)

(こちらの記事の監修:中医師 幸井俊高

痛みやしびれの根本原因を排除 – 頚椎症の漢方治療の成功例

こちらは、頚椎症を漢方で治療した症例を紹介するページです。漢方では、気や血の流れをととのえ、痛みの根本原因となる病邪を除去することにより、頚椎症の治療を進めます。このページでは、いくつかの成功例を紹介します。

漢方では、患者一人一人の証(しょう)に合わせて、処方を判断します。証とは、患者の体質や病状のことです。患者一人一人の証(体質や病状)に合わせて処方を決め、治療を進めるのが漢方治療の特徴です。

(こちらは症例紹介ページです。解説ページはこちら

症例1  電気が走るような激痛が改善

「首の後ろから背中にかけて痛みます。重い荷物を持ったときに電気が走るような激痛が腕に生じることもあります」

痛むところは、いつも同じ部分です。病院でX線などによる検査の結果、頚椎症性脊髄症と診断されました。冷えると痛みが強くなります。夏のクーラーからの冷風も苦手です。お風呂に入って温まると、痛みが軽減します。舌には白く湿った舌苔が付着しています。

この人の証は、「痛痺(つうひ)」です。寒邪が侵入することにより、痺証となっています。寒邪は気血を凝滞させやすいため、痛みは激しく、固定性です。冷えると痛みが強くなる、温めると楽になる、白く湿った舌苔などは、この証の特徴です。

この証の場合は、寒邪を除去する漢方薬を用い、治療を進めます。この患者さんには、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)を服用してもらいました。服用を始めて1か月後、首や背中の痛みが軽くなってきました。4か月後には、重い荷物を持っても激痛に見舞われることがなくなりました。

症例2  手の指のこわばりが解消

「頚椎症です。字を書くときやパソコンのキー操作で思うように力が入らず、困っています」

手の指には、こわばった感覚があり、痛みもあります。こわばりは、朝起きたときが顕著です。天気がわるくなる前の日も、具合がわるくなります。リウマチが疑われましたが血液検査の結果、リウマチではないことがわかっています。舌は白く、表面に白い舌苔がべっとりと付着しています。

この患者さんは、「着痺(ちゃくひ)」証です。湿邪による痺証です。湿邪が盛んなため、痛みや筋力の低下が生じているようです。

この体質の場合は、湿邪を除去する漢方薬を用い、頚椎症を治療します。この患者さんには、麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)を服用してもらいました。服用を始めて1か月後くらいから、朝の手の指のこわばりが軽くなってきました。3か月後には、痛みを感じることがほとんどなくなりました。6か月後には、ほぼストレスなく字を書いたりパソコンのキー操作をしたりできるようにまでなりました。

症例3  しびれと肩こりを改善

「左右の手から腕にかけて、しびれ感があります。手ほどではありませんが、足がしびれることもあります」

しびれる場所は、日によって異なります。肩こりも強く、ときに痛みます。病院での検査の結果、頚椎症を診断されています。舌は淡紅色で、白い舌苔が付着しています。

この患者さんの証は、「行痺(こうひ)」です。風邪(ふうじゃ)による痺証です。風邪が経絡を侵すため、しびれや痛みが表れます。移動性(遊走性)の痛み、しびれ、淡紅色の舌、白い舌苔などは、この証の特徴です。

この証の場合は、漢方薬で風邪を除去し、治療を進めます。この患者さんには、疎経活血湯(そけいかっけつとう)を服用してもらいました。1か月後くらいから、しびれが軽減してきました。3か月後には、肩こりがぐっと楽になりました。その後も少しずつ改善し、5か月後には、しびれを感じることがなくなりました。

(こちらの記事は「薬石花房 幸福薬局」幸井俊高が執筆・監修しました。日経DIオンラインにも掲載)

*執筆・監修者紹介*

幸井俊高 (こうい としたか)

東京大学薬学部卒業。北京中医薬大学卒業。帝国ホテルプラザ東京内「薬石花房 幸福薬局」代表。薬剤師・中医師。『医師・薬剤師のための漢方のエッセンス』『漢方治療指針』(日経BP)など漢方関連書籍を20冊以上執筆・出版している。日本経済新聞社サイト「日経グッデイ」「日経DI(ドラッグインフォメーション)」にて漢方コラムを好評連載中。中国、台湾など海外での出版も多い。

同じようなお悩みでお困りの方、漢方薬をお試しになりませんか?
あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの証(体質や病状)により異なります。自分に合った漢方薬を選ぶためには、正確に処方の判断ができる漢方の専門家に相談することが、もっとも安心で確実です。どうぞお気軽にご連絡ください。

ご相談・ご予約はこちら

関連する記事を読む

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介