アレルギー

根本原因は「アレルギー体質」

花粉症に悩む人は多いですが、いくら花粉の飛散量が多くても、くしゃみひとつ出ない人もいます。あるいは杉の木に囲まれて大自然の中で生まれ育った人が、杉の林などない都会で生活をするようになって初めて発病することもよくあります。

花粉症に限らず、ほかのアレルギー、たとえば蕁麻疹や湿疹にしても、ふだんは出ないけど寝不足など体調の悪いときに発病するという人も多い。アレルギー性鼻炎も、寝起きにはくしゃみを連発するけど大事な会議中には鼻水ひとつ出ない、ということもあります。

アレルギーは、花粉やダニ、ハウスダスト、あるいは細菌やウイルスなどの抗原が体内に侵入したときに、その抗原から生体を守る、という抗原抗体反応が過剰すぎて障害をもたらすことです。抗原抗体反応が適正ならば免疫として外敵から体を守りますが、過剰だとアレルギーとして体に危害を加えます。

たしかに花粉やハウスダストは、アレルギー反応を引き起こす要因です。しかし、先の例のように、それ以外に、アレルギー症状を発現するときの身体的精神的な体調の不調がベースにあるのです。いわゆるアレルギー体質です。

中医学(中国の医学)では、そのアレルギー体質を改善することにより、各種アレルギーの根治を目指します。少なくとも去年ひどい目にあったのと同じ量の花粉に襲われても症状を発現しない丈夫な体を作ります。

これは、くしゃみ・鼻水や痒みなどの症状を抑える、いわゆる対症療法主体の西洋医学との大きな違いです。

アレルギー体質で一番多いタイプは「脾陽虚」

アレルギー体質になる原因は多種ありますが、比較的よく見られるのが胃腸に過剰な負担がかかってしまったケースです。これを中医学で「脾陽虚」(ひようきょ)といいます。

夏に冷たいものをガブガブと飲み過ぎたり、おいしいおいしいと脂っこいものを食べすぎたりすると、徐々に脾陽虚となり、アレルギー体質になります。

治療には、体を温め胃腸の機能を調えて余分な水分を取り除く働きの強い生薬を用います。たとえば人参・党参・白朮・茯苓・乾姜・五味子などの生薬を配合した処方が使われます。

花粉症によく用いられる小青竜湯は、アレルギー体質改善というよりは、対症療法剤としての性質が強いものです。

アレルギー症状が発現してからではなく、日頃からアレルギーに克つ体質作りに向けて生活習慣の改善や漢方薬の服用を始めてください。「体質だからねぇ」と言われても、あきらめないで!

あなたに合った漢方薬がどれかは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにするのがいいでしょう。

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

関連ページ・症例・エッセイなど

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介