生理痛

漢方薬で生理痛を根本から改善する

月経のときにはさまざまな症状が発生しますが、とくに月経期あるいは月経前後に下腹痛や腰痛を主とした痛みを生じるとき、これを月経痛(生理痛)といいます。痛みがひどく、日常生活に支障をきたす場合は、これを月経困難症とよんでいます。

痛みは頭痛や胃の痛みなどをともなうこともあり、また必ずしも毎回痛まない場合もあります。吐き気や下痢、便秘などをともなう 場合もあります。さらに痛みが生じる時期も、生理前から、生理が始まってから、生理の後半に、などさまざまです。

痛みの種類も、 刺すような痛みだったり、鈍く重い痛みだったり、お腹が張るような痛みだったりします。これらは生理痛の病態や患者の体質と深く 関与していますので、単に痛いから鎮痛剤、という方法でやりすごさないほうがいいでしょう。

生理痛の原因には、内分泌ホルモン系の失調や自律神経の失調、子宮発育不全、さらに心理的・精神的ストレスや冷え症、血流障害 などがあげられます。また子宮筋腫子宮内膜症、骨盤内炎症性疾患、子宮位置・形態異常など、器質的な疾患が原因となって生理痛 が生じる場合もあります。

中医学では、生理痛の根本原因を改善することにより、生理痛の改善にあたります。漢方薬にはホルモンバランスや自律神経系を調 整し正常化する働きが強くありますので、生理痛の改善に効果を発揮します。またストレスに対する抵抗性を高める処方もありま す。血流を調えて血液をさらさらにする生薬も多くあります。

鎮痛剤で痛みを抑えるだけの対症療法とは違い、生理痛の根本改善がで きる点が漢方薬の特徴です。

生理痛になりやすい人の証(しょう)◆あなたはどのタイプ?

(1) 血行の停滞が痛みの原因 →「血瘀(けつお)」証の生理痛

生理が始まる1、2日前から下腹が張るような感じがあり、生理が始まると同時に下腹部が強く痛みます。経血は黒っぽく、レバー状の血のかたまりが出ます。生理痛は生理初日と2日目がつらく、出血量が減って血のかたまりが出なくなると痛みが軽くなり、楽になります。舌はやや赤黒く、少し紫色っぽく見えます。血瘀であっても下の(3)(4)タイプの場合もあります。

(2) 血の量が不足している → 「気血両虚(きけつりょうきょ)」証の生理痛

生理の後半、たとえば生理が始まって2、3日が経ってから下腹がシクシクと痛むタイプです。生理の量は少なめで、経血は淡赤色です。舌も白っぽい赤色をしています。血の不足とともに、疲れやすいなどといった気の不足が見られます。

(3) 冷えが原因で血行が悪化して痛む →「寒凝(かんぎょう)」証の生理痛

寒邪(寒の邪気)の侵入によって血の流れが凝滞している状態です。痛みが激しいのも特徴です。一般に、温めると楽になります。生理中は寒邪の侵入にさらされやいので、冷えやすい方は注意が必要です。

(4) ストレスの影響で痛みが悪化 →「気滞血瘀(きたいけつお)」証の生理痛

社会人になってから生理痛が重くなったなど、ストレス要因との関係が見られます。ストレスで気の流れが阻害され、それに伴って血流も鬱滞して血瘀となり、痛みが出ています。いらいら、不眠、頭痛、肩凝り、赤紫色の舌なども特徴です。

(5)灼熱性の痛み →「湿熱(しつねつ)」証の生理痛

湿熱は体内で過剰な湿邪と熱邪が結合したものです。清潔とはいえない生活環境や、脂っこいもの、刺激物、味の濃いもの、生もの、アルコール類の日常的摂取や大量摂取、不潔なものの飲食などにより、この証になります。湿熱邪が衝任脈に停滞し、生理痛が生じます。漢方薬で湿熱を除去し、生理痛を改善していきます。

生理痛に効果的な主な漢方薬

生理痛に効果的な漢方薬は数十種類あり、あなたに最適な漢方薬が何かは、ひとりひとりの体質や痛みのタイプ・症状などによって、異なります。以下に比較的よく用いられる漢方薬を列挙しますが、漢方薬を服用する場合は、必ず中医師など中医学の専門家に相談して決めてください。

桂枝茯苓丸、桃核承気湯、芎帰調血飲第一加減、四逆散、十全大補湯、四物湯、補中益気湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、折衝飲、温経湯、帰脾湯、逍遥散、血府逐瘀 など

漢方薬を飲むにあたって

漢方薬と並行して、日常生活では、適度な運動や気分転換など、ストレスをためない工夫も必要です。また、からだ、とくに下腹部は冷やさないように注意してください。さらに食事はよく噛んでゆっくり楽しく食べ、脂っこいものの食べすぎに注意するのも大切です。

中医学に詳しくない医療機関では生理痛や生理不順といえば当帰芍薬散や桂枝茯苓丸ばかり処方するところも少なくないようです が、ひとりひとり生理痛の原因はさまざまなはずですので、あなた自身の症状や体質にあった処方をしてもらうようにしてください。

症状を抑えるだけの鎮痛剤にばかり頼らないで、漢方薬でからだ全体のバランスを調え、自然なかたちで体調を取り戻してくださ い。

ご予約はこちらから

関連ページ・症例・エッセイなど


月経前症候群PMS
子宮筋腫
子宮内膜症
卵巣嚢腫

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介