子宮内膜症

子宮内膜症の漢方治療

子宮内膜症は、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮の外側などにもできてしまう病気です。それらが生理のたびに、ふつうの生理と同じように、はがれては出血を繰り返すため、次第におなかのあちこちで炎症や癒着が生じていきます。

生理痛が激しいことや、卵巣にチョコレート嚢胞(のうほう)が生じることなどがおもな症状ですが、「だんだん痛みが強くなってきた」「鎮痛薬が効きにくい」「出血量が多い」「レバー状のかたまりが出る」というお悩みの人も多くいます。

一般にはホルモン剤を使って生理をとめるなどして子宮内膜を休ませる方法がとられますが、治療後に再発することが多いので、「ホルモン治療を繰り返すのが心配」という人も少なくありません。また、手術をしても再発しやすい病気ということもあり、「手術はしたくない」というご相談も多くあります。

当薬局では、生理をとめずに漢方薬で根本的に体質改善することにより、子宮内膜症やチョコレート嚢胞の治療をすすめています。漢方治療だと再発することが少ないのも特徴です。ご関心があるようなら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、卵巣、卵管、腹腔内など、子宮の内側以外の場所にも発生してしまう病気です。それら内膜組織が、生理のたびに、ふつうの生理と同じように厚くなり、剥離と出血を繰り返すため、おなかのあちこちで炎症や癒着が発生してしまう病気です。

子宮の内側の子宮内膜は、剥離、出血のあと生理として体外に排泄されますが、それ以外の場所では体外に排出されず、その場で内出血のようなかたちで残ります。毎月おなかの中に勝手に傷ができて出血し、それがその場にたまるような状態です。

そのようなことが毎月のように繰り返される結果、おなかのなかに慢性的な炎症が生じたり、血のかたまりができたり、まわりの臓器と癒着が生じたりします。このために激しい生理痛や腰痛が引き起されるのが子宮内膜症の特徴です。卵巣に血のかたまりができた場合、チョコレート嚢胞(のうほう)とよばれます。

癒着によって近くにあった組織同士がくっついてしまうと、生理周期にあわせて卵胞が大きくなったり、排卵で卵巣が小さくなったりするたびに、引きつるような痛みを感じるようになります。さらに日常的な動きでも腰痛や腹痛を感じるようにもなります。癒着を起こした臓器の機能も低下します。

一か月ごとに病変部分が増殖と出血を繰り返すので、子宮内膜症は少しずつ悪化しやすいのも特徴です。不妊症の原因にもなりやすく、子宮内膜症の人の約3割が不妊といわれています。子宮内膜症の患者は増加傾向にあり、成人女性の10人に1人がかかるともいわれています。

子宮腺筋症という病気も子宮内膜症の一種です。これは子宮の筋層内に内膜組織が霜降り肉のように入り込んだ状態の病気で、生理のたびに子宮全体がはれたり、こぶのようになったりする病気です。症状は一般の子宮内膜症と似ていますが、子宮筋腫と間違われることもあります。

西洋医学では、ホルモン療法や手術が行われます。

「薬石花房 幸福薬局」の子宮内膜症漢方治療

漢方では、子宮内膜症は気血(きけつ)の流れがわるい体質の人に生じやすい病気ととらえています。気血とは漢方のことばで、エネルギーや血液、栄養を意味します。気血の流れの停滞は、痛みや出血、炎症と深い関係にあります。

また婦人科系の機能やホルモン内分泌系、免疫系の機能に異常が生じた場合も子宮内膜症が発生したり広がったりすると考えられます。冷え症とも関係があり、抵抗力や免疫力が適切に機能しないと病変ができやすくなります。

当薬局では、以下のような漢方的方法で子宮内膜症の治療をすすめています。

  • 血の流れを改善する
  • 気の流れを改善する
  • 癒着の拡大を防ぐ
  • 冷え症を改善する

子宮内膜症の原因のひとつは、血(けつ)の流れがわるい体質にあります。「卵巣がはれている」「チョコレート嚢胞(のうほう)がある」と病院で言われた人には、この血の流れがわるい体質がよく見られます(上記1)。血とは血液や栄養のことです。こういう場合は漢方薬で血の流れをサラサラにして治療を進めます。

精神的なストレスや過度の情緒変動も、子宮内膜症の原因となります。ストレスや緊張が続くと気の流れが滞り、その結果、子宮内膜症が悪化します(上記2)。免疫系やホルモン内分泌系の機能の異常とも関係しています。この場合は漢方薬で気の流れを改善することにより、子宮内膜症を治療していきます。

癒着は、毎月の生理で子宮内膜が剥離、出血するたびに悪化していきます。引きつるような痛みがある場合は、癒着の存在が疑われます。癒着は炎症が生じるたびに拡大しますので、炎症を鎮めて癒着の拡大を防いだり、癒着を緩和して痛みを和らげたりする働きのある漢方薬を使います(上記3)。

冷え症も子宮内膜症の原因のひとつです。冷えは、痛みや免疫力低下、炎症の拡大、婦人科系の機能の低下との関係が深いので、子宮内膜症の悪化の原因になっています。おなかを温めると楽になるという人は、漢方薬で冷え症の改善を進めます(上記4)。

子宮内膜症を悪化させる要因には、このようなもののほかに、不摂生な生活、過労、睡眠不足、喫煙、大気汚染物質や食品添加物の影響などもあります。いずれも気や血の流れをわるくします。まさに現代人は子宮内膜症にかかりやすい環境に生きているといえますが、日常生活ではできるだけこのような要因を遠ざけるようにしたいものです。

西洋医学ではホルモン療法で人工的に生理をとめるなどして病状の緩和を図りますが、漢方では自然な生理を繰り返すなかで子宮内膜症の治療を進めます。漢方は、自然な生理を維持したまま、気や血の流れを調整して症状の軽減や病気そのものの改善を図ります。

当薬局ではカウンセリングを通してひとりひとりの子宮内膜症の原因をつきとめ、その人の体質に合った漢方薬を処方しています。あなたに合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第に子宮内膜症のつらい症状が軽くなり、子宮内膜症そのものが改善されていく可能性があります。子宮内膜症になりやすい体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬がどれかは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

以下の記事もご参照ください。

● 日経Gooday: 子宮内膜症に効く漢方

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介