不妊症

漢方で妊娠の可能性を高める方が増えています

不妊症でお悩みのかたが増えています。「検査をしても異常がないのに妊娠しない」「結婚して2年以上経つのに妊娠しない」というかたが多いようです。なかには「病院で不妊治療を繰り返しているのに、なかなか妊娠しない」というかたもいます。

最近では高度生殖医療技術の発達により、検査の結果「FSH値が高い」「AMH値が低い」ということで妊娠の可能性が低いと悩んでおられるかたも増えています。

基礎体温で高温期が安定しない、高温期にさっと上がらない、高温期が短い、ジグザグできれいに2相に分かれない、という体質のかたも少なくありません。

いずれの場合も、漢方薬で妊娠の可能性を高める方法があります。
大事なのは、「妊娠しやすい体質」をつくることです。
ご興味があるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ

「薬石花房 幸福薬局」の漢方不妊治療

漢方では、女性が心身ともに元気で充実しているときに妊娠しやすい、と考えます。健康状態がよくないときや 精神的に不安定なときには、なかなか懐妊しないものです。

検査で異常がみつからないのになかなか妊娠しない場合も、卵子の元気がなかったり、漢方の視点からみて女性が体質的に弱っていたりしているケースがほとんどです。

当薬局では、以下の方法で不妊症の漢方治療をしています。

  • a 妊娠しやすい母体をつくる
  • b 元気な卵子や精子をつくる


母体(子宮など)に元気がなく、卵子や精子の状態がよくなければ、いくら卵子と精子が出会っても、ちゃんと受精し、しっかり着床し、受精卵が育っていくのは難しいでしょう。

とくに35歳前後からは、体力の低下、卵巣や卵子の状態の衰え、女性ホルモン量の低減などが少しずつ始まり、ますます妊娠しにくくなっていきます。

当薬局では時間をかけてカウンセリングをして不妊の原因をつきとめ、お一人お一人の体質に合わせて最適な処方を考えていきます。

あなたに合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第に体内のホルモンの状態が整い、卵巣などの機能が安定し、妊娠しやすい体質に変化していきます。病院の不妊治療との併用も可能です。妊娠しにくい体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介