男性不妊症

漢方薬で「丈夫で元気な正常精子」を

子どもができない原因のおよそ半分は男性側にあるといわれています。「じゅうぶんな量の精子が出ない」「精子の運動率がよくない」「奇形の精子が多い」などが主な理由です。精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)など原因が明らかな場合もありますが、多くの場合、原因不明です。

妊娠の成立に向けて、卵子の状態や女性の体調が大きく関係してくるのは当然ですが、同時に「丈夫で元気な正常精子」も必要不可欠であることに間違いはありません。

漢方では、漢方薬で造精機能(精子を造る機能)を高めて正常精子がつくられるようにし、さらに、出来上がった精子にたっぷりエネルギーや栄養を与えて精子を丈夫で元気にすることにより、男性不妊症の治療をします。

大事なのは、男性が「丈夫で元気な正常精子」をたくさんつくれる体質になることです。

ご興味があるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

男性不妊症とは

男性不妊症は、男性側に原因があって女性が妊娠しない状態を指します。食生活や生活環境の変化、あるいはストレスなどの影響により、近年では精子の運動率が低下し、精子数が減少している、という研究結果もあるようです。

男性不妊症には、以下のようなものがあります。

乏精子症 :精子の数が著しく少ない
無精子症 :精液中に精子が見当たらない
精子無力症 :精子の運動率が低い
奇形精子症 :精子の奇形率が高い(正常な形態の精子が少ない)

「薬石花房 幸福薬局」の男性不妊症の漢方治療

漢方では、五臓六腑の腎(じん)を、男性不妊症に最も関連が深い臓腑と捉えています。五臓六腑は漢方の言葉で、人体の機能的単位です。腎はその五臓六腑のひとつで、生きるために必要なエネルギーや栄養の基本物質(「精(せい)」といいます)を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、ならびに水液や骨をつかさどる機能を指します。

したがって、精子の数や運動率、形態などは、生殖のために極めて重要な要因ですので、まさに腎の状態に大きく左右されることになります。腎の状態がよければ、精子の状態もよくなります。

腎の機能は、年齢とともに弱まります。精子も、年齢とともに老化して染色体異常が増えるという報告もあります。染色体の異常があると、たとえ受精卵ができて妊娠しても、その後成長し続けることができずに成長が止まり、流産となります(不育症)。腎気を高めておくことは、これらの予防にも有効です。まず大事なのは腎を養うことです。

当薬局では、以下の方針で男性不妊症の漢方治療をしています。

  • 方針A  造精機能を高めて正常精子をつくる
  • 方針B  出来上がった精子にたっぷりエネルギーや栄養を与え、精子を丈夫で元気にする

方針Aのためには、前述の「腎(じん)」を漢方薬で補い、養うことが基本となります。また、方針Bのためには、エネルギー(漢方で「気(き)」といいます)や栄養(漢方で「血(けつ)」といいます)を補い、かつ流れをさらさらにし、気(エネルギー)や血(栄養)がしっかりと細部にまで届くようにする漢方薬が重要な役割を果たします。


当薬局では時間をかけてカウンセリングをして男性不妊症の原因をつきとめ、お一人お一人の体質に合わせて最適な処方を考えていきます。
あなたの体質に合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第に「丈夫で元気な正常精子」をたくさんつくれる体質になっていきます。からだの内側から、体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介