高齢不妊 -35歳からの漢方不妊治療-

漢方薬で丈夫な卵子をつくる

最近、35歳以上の女性からの不妊症の相談、あるいは「早く赤ちゃんがほしい」というご相談が増えています。なかには「検査では異常がないのに、なかなか妊娠しない」「体外受精を何回やってもうまくいかない」「病院での不妊治療に疲れ果てた」とおっしゃる方も少なくありません。

最近では高度生殖医療技術の発達により、検査の結果「FSH値が高い」「AMH値が低い」ということで妊娠の可能性が低いと悩んでおられるかたも増えています。基礎体温で高温期が安定しない高温期にさっと上がらない高温期が短いという体質のかたもいらっしゃいます。

実際、女性が妊娠する確率は年齢とともに低下します。体外受精の成功率も35歳までですと約50パーセントですが、何も対策をとらないでいると、35歳を超えると年齢とともに確率はどんどん下がります。

当薬局では、35歳以上の女性の不妊治療、あるいは高齢出産をお考えの方に対し、漢方薬で「元気な卵子をつくる」そして「女性の体の若々しさを保つ」ことにより、みなさまの妊娠のお手伝いをしています。

ご興味があるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご予約はこちらから

不妊症とは

不妊には、卵子の状態がよくない、排卵がうまくいかない、卵管が通りにくい、受精卵が子宮内膜に着床しにくい、などの原因が考えられます。精子の状態がよくない場合もあります。

これらのうち最も多いのが、排卵がうまくいかない場合、つまり排卵障害です。ホルモンバランスの失調や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)高プロラクチン血症などの病気が背景にあります。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の場合、卵子が排卵されにくくなっています。高プロラクチン血症の場合は、プロラクチンというホルモンの影響で排卵が抑制されます。

また子宮筋腫子宮内膜症があると、受精卵が子宮内膜に着床しにくくなり、妊娠の可能性が下がります。淋菌などの感染や炎症があると、卵管が狭くなり、あるいは閉塞し、これも不妊の原因になります。

検査をしても異常が見つからない、原因不明の不妊もあります。不妊症全体の約3分の1が現代医学では原因不明の不妊です。冷え症やストレス、肥満、過度の飲酒や喫煙などが関係していると思われます。

加齢も不妊の大きな原因のひとつです。卵子も子宮も年齢とともに質が低下します。アメリカの統計によると、妊娠しやすさは35歳で最も急激に低下する、とあります。

卵子は女性の年齢とともに古くなります。精子が常に新しく作り出されるのとは対照的に、卵子は女性が生まれたときから未成熟卵子として卵巣内にあり、女性とともに年齢を重ねているのです。

西洋医学では、ホルモン療法や、人工授精、体外受精、顕微授精などが行われます。

「薬石花房 幸福薬局」の漢方不妊治療

漢方では、女性が心身ともに元気で充実しているときに妊娠しやすい、と考えます。健康状態がよくないときや 精神的に不安定なときには、なかなか懐妊しないものです。

検査で異常が見つからないのになかなか妊娠しないという場合も、卵子の元気がなかったり、漢方の視点からみて女性が体質的に弱っていたりしていることがほとんどです。

加齢とともに妊娠しにくくなっている場合も同じです。不妊治療で病院に通うのに身も心も疲れ果てた、という場合もそうです。卵子や子宮が生き生きとしていなければ、妊娠もしづらいでしょう。

当薬局の不妊治療の方針は、以下のとおりです。

  • 元気な卵子をつくる
  • 女性の体の若々しさを保つ


年齢とともに卵子も年をとることは否めませんが、疲れきった卵子を漢方薬でAのように元気づけることにより、妊娠する確率は格段に上がります。Bのように女性が若々しく元気になれば、子宮の状態もよくなり、受精卵が着床しやすくなります。

不妊症でお悩みの方に対し、当薬局では以下の漢方的方法で体質改善を進め、不妊症の治療をしております。

  • 血液の流れを改善する(冷え症を改善する)
  • 気の流れを改善する
  • 婦人科系・ホルモン内分泌系の機能を高める


不妊症の原因のひとつは、血流の悪化と、それに伴う冷え症です。腹部が冷えて血流が滞ることにより、受精しにくくなります。血行の悪化により、卵子に栄養がじゅうぶん行かないので、卵子の状態もよくないことでしょう。こういう場合は、上の1のように漢方薬で血流を改善し、冷え症を治して不妊症の治療を進めます。

また、基礎体温が2相に分かれない、高温期が短い、高温期にさっと上がらない、高温期が安定しないなどの症状のあるかたにも、この方法は効果的です。生殖器系を温めて、卵や黄体の状態を向上させます。

精神的なストレスも、不妊症の原因のひとつです。ストレスの影響で気の流れが滞ると、元気な卵子が育ちません。この場合は、上の2のように漢方薬で気の流れを改善することにより、不妊を治療していきます。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)でなかなか排卵しない場合も、この体質が関係していることが少なくありません。漢方薬で緊張をゆるめて卵巣の機能を正常化させ、安定した排卵が起こるようにしていきます。

加齢や過労、不摂生の影響で弱りやすい婦人科系・ホルモン内分泌系の機能。漢方には、上の3のように、この機能を補う力があります。漢方薬で体質を改善し、女性機能やホルモンバランスを立て直し、妊娠しやすい体質にしていきます。

FSH(卵胞刺激ホルモン)値が高く、早期閉経あるいは更年期が近いことが懸念されている場合や、排卵していない場合も効果的です。ひとりひとりの体質に合わせた漢方処方に、これらの作用がある調合を加えて対処します。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)値が低く、卵巣内に残る卵胞が少なくなってきている可能性が高い場合も、卵巣に良質な気血を送り込み、残存する卵子を元気にすることを考慮に入れた処方を組むことにより、妊娠する可能性を高めていきます。

当薬局では時間をかけてカウンセリングをして不妊の原因をつきとめ、お一人お一人の体質に合わせて最適な処方を考えていきます。

あなたに合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第に体内のホルモンの状態が整い、卵巣などの機能が安定し、妊娠しやすい体質に変化していきます。病院の不妊治療との併用も有効です。妊娠しにくい体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬がどれかは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

ご予約はこちらから

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)|高プロラクチン血症|生理不順若年性更年期障害子宮筋腫子宮内膜症二人目不妊(続発性不妊症)不育症・習慣性流産

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介