高プロラクチン血症

漢方薬でプロラクチン値を正常に

不妊症や不育症、月経不順、無月経などで病院に行き検査をした結果、プロラクチン値が高かった、というケースが最近増えています。

プロラクチンはホルモンの一種で、排卵を抑制する作用があるため、この値が高くなることで、生理がこなくなったり、妊娠しにくくなったりしているのが「高プロラクチン血症」です。プロラクチンは、ストレスや疲労の蓄積によっても上昇します。

漢方では、プロラクチン値を上げている原因をつきとめ、からだの内側からそれを改善していくことにより、自然とプロラクチン値が元の正常な値に戻るように働きかけ、高プロラクチン血症を治療します。

大事なのは、必要がないのにプロラクチンが多量に分泌される体質を改善し、元の健康な状態に早く戻すことです。

ご興味があるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

高プロラクチン血症とは

高プロラクチン血症は、プロラクチンというホルモンの分泌が多すぎる病気です。最近、この病気の相談が増えています。不妊症や生理不順と深い関係にあるからです。プロラクチンの血中濃度が15ng/mlを越えると、高プロラクチン血症の可能性があります。

プロラクチンは乳腺刺激ホルモンとも呼ばれ、乳腺を刺激して乳汁の分泌を促すホルモンです。一般に妊娠から分娩後の授乳期間に多く分泌され、乳汁の分泌を助けます。同時に、授乳期に排卵を抑制し、次の妊娠を抑える働きもあります。授乳中に生理が来ないのは、おもにこのホルモンの作用によるものです。授乳を促し、子どもが小さいうちは次の妊娠をしにくくすることにより子育てを助ける、女性に優しいホルモンといえます。

このホルモンの分泌が、妊娠してから増えるのはまったく正常なことですが、これが妊娠していないときに増えると、排卵が抑制されるため、不妊症などの原因となります。

不妊症以外には、流産を繰り返す不育症、月経不順(稀発月経)、無月経、無排卵月経、乳汁分泌などの症候もあらわれます。授乳後にプロラクチンの血中濃度が下がらず、二人目不妊になることもあります。男性では、女性化乳房、精力減退などが生じます。

プロラクチンの血中濃度は、授乳後だけでなく、流産や人工中絶のあとも下がらないことがあります。ピル(経口避妊薬)や、向精神薬、胃潰瘍治療薬、降圧薬などの薬剤服用により、上がることもあります。下垂体腫瘍により上がることもあります(プロラクチノーマ)。夜間や黄体期にプロラクチン値が上がるタイプもあります(潜在性高プロラクチン血症)。

原因不明のケースも多くみられます。プロラクチンは排卵を抑制しますので、妊娠しないほうがよい環境で分泌が増えるともいわれています。たとえば、精神的なストレス、多忙な生活、疲労の蓄積、心労、不規則な生活などが続き、精神的、肉体的な負荷が大きい状態になると、からだは自分が妊娠しないほうがいいと判断し、プロラクチンの分泌を増やすのかもしれません。ペットのかわいがりすぎによりプロラクチン値が上がることもあるようです。

プロラクチンは、脳下垂体から分泌されます。分泌量は、視床下部のコントロールを受けて変化します。視床下部は自律神経系の調節を行う総合中枢であるため、ストレスや疲労の蓄積の影響を受けやすいと考えられます。

西洋医学では、プロラクチンの分泌を抑える薬を用います。カバサール、テルロン、パーロデルなどがあります。

「薬石花房 幸福薬局」の高プロラクチン血症の漢方治療

漢方では、五臓六腑の肝(かん)、腎(じん)、心(しん)の機能を調えることによりプロラクチン値を正常値に下げ、高プロラクチン血症を治療します。五臓六腑は漢方の言葉で、内臓ではなく、人体の機能的単位です。

肝は、からだの諸機能を調節し、情緒を安定させるのが、おもな働きです。また、「肝は血(けつ)を蔵す」といい、血を貯蔵し循環させる臓腑でもあります。さらに「筋(きん)をつかさどる」機能もあり、筋肉の収縮や弛緩といった運動の制御もします。

腎は、気や血の基本物質である精(せい)を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、ならびに水液や骨をつかさどります。精をもとに血を生み出す臓腑であるため、「腎は血を生ず」といいます。

母乳は、血から作られます。西洋医学的にも母乳が血液から作られることがわかっています。したがって乳汁分泌のコントロールをするプロラクチンの量は、血を蔵する肝や、血を生ずる腎と深い関係にあると考えられます。

心は、心臓を含めた血液循環系(血脈)をつかさどり、さらに人間の意識や判断、思惟などの人間らしい高次の精神活動(神志:しんし)をつかさどります。脳下垂体や視床下部の機能の安定は、五臓の心の状態と関係が深いと思われます。

当薬局では、このような肝、腎、心の機能を、漢方薬を用いて正常化し、自然とプロラクチン値が正常に戻るように働きかけることにより、高プロラクチン血症の漢方治療をしています。

当薬局では時間をかけてカウンセリングをして高プロラクチン血症の原因をつきとめ、お一人お一人の体質に合わせて最適な処方を決めていきます。あなたの体質に合った漢方薬ですと、飲み続けるうちに体質が改善され、次第にプロラクチン値が正常値に近づいていきます。からだの内側から、体質そのものを漢方薬で改善してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶようにしてください。

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介