胃のつかえ感

上腹部に何かが詰まった感じがして、飲食物が通過しづらく感じる「胃のつかえ感」を、漢方で「心下痞(しんかひ)」と呼びます。

心下とは上腹部、みぞおちのあたりを指し、痞とはふさがって通りにくい状態のことです。

一時的に感じただけで治ってしまえばさほど心配はありませんが、慢性的、頻繁に生じる場合は胃の機能が弱いなど体質的な原因が背景にあります。逆流性食道炎などと診断される場合もあります。

もし病院の検査で異常がなくても、繰り返し生じると不快であり、またこの体質を放置しておくと悪化して病気につながることもありますから、漢方薬で体質から改善するのが効果的です。

漢方では、胃のつかえ感の背景には、五臓の脾(ひ)や六腑の胃の不調があると考えます。脾と胃は飲食物の消化吸収を主に担う臓腑です。

胃のつかえ感が生じる原因には、胃の機能(胃気)がもともと弱い体質である場合と、胃気が対応しきれないほどの負担が胃にかかった場合の2タイプがあります。

前者は慢性的につかえ感が生じるタイプで、後者は一時的に胃がつかえるタイプです。さらに詳しく次項で説明します。

(胃のつかえ感の症例紹介ページは こちら

◆胃のつかえ感を起こしやすいタイプ・・・あなたはどれ?

<体質やタイプを漢方で証(しょう)といいます>

(1) 「胃熱(いねつ)」証

胃に熱邪(からだに害を及ぼす余分な熱)が生じて、胃のつかえ感をもたらしているタイプ

刺激物や味の濃いもの、脂っこいものをたくさん食べたり、あるいはアルコールを多飲したりする暴飲暴食によってこの証になりやすくなります。

→ 胃熱を冷ます漢方薬で胃のつかえ感を除去します。

(2) 「肝気犯胃(かんきはんい)」証

精神的なストレスにより、胃がつかえているタイプ

体の諸機能を調節する臓腑である五臓の肝の機能(肝気)が滞り、その影響が胃に及んで胃気が停滞して胃がつかえます。

ストレスや、緊張の持続、激しい感情の起伏などの影響で肝気が失調することにより、この証になります。

→ 肝気の鬱結を和らげつつ胃気を回復させる漢方薬を用い、胃のつかえ感を治します。

以上(1)(2)は、一時的な胃のつかえ感によくみられる証です。胃気がさほど弱くなくとも、胃への刺激が強いために胃につかえ感が生じます。

以下(3)~(6)は、慢性的に胃のつかえを繰り返す場合によくみられる証です。

(3) 「胃気虚(いききょ)」証

消化能力や胃の蠕動運動が低下している状態

慢性的な体調不良や疾患により胃気が弱っている体質です。

消化した飲食物を下におろす胃の機能が低下しているため、胃のつかえとともに、少ししか食べられない、吐き気などの症状が生じます。

→ 胃の機能を立て直す漢方薬を用いて胃のつかえ感を改善します。

(4)「痰湿(たんしつ)」証

痰湿(体内にたまった過剰な水分や湿気)が胃気を阻害している状態

消化吸収をつかさどる脾の機能(脾気)が弱い体質であるため、脾が持つ水湿を運輸する機能が弱くなって痰湿が生じ、それが胃の運動を妨げるために胃のつかえ感が引き起こされるケースです。

痰湿というのは、体内にたまった過剰な水分や湿気のことです。この痰湿が胃気を阻害するため、胃のつかえ感が生じます。

→ 痰湿を取り除く漢方薬で体質を改善し、胃のつかえ感を治していきます。

(5) 「湿熱(しつねつ)」証

(4)の痰湿が熱を帯びてさらにつかえ感を不快にさせている状態

湿熱は体内で過剰な湿邪と熱邪が結合したものです。

痰湿の長期化、あるいは脂っこいもの、刺激物、味の濃いもの、生もの、アルコール類の日常的摂取や大量摂取、不潔なものの飲食などにより、この証になります。

湿熱邪が胃気を阻害することにより、胃のつかえ感が慢性化します。

→ 漢方薬で湿熱を除去し、胃のつかえ感を改善していきます。

(6) 「胃内停水(いないていすい)」証

胃内に水飲(過剰な水分)が停滞している状態

胃部でごろごろと音が鳴ったり、胃部を叩くとちゃぽちゃぽと音がしたりするようなら、この証です。

脾の運輸機能が弱いために胃内の水分を吸収できず、胃内に水飲(過剰な水分)が停滞している状態です。胃中にいつまでも水分が停留するために飲食物が入っていかず、つかえます。

→ 漢方薬で胃内の水飲を除去し、胃のつかえ感を治します。

◆胃のつかえ感に効果的な漢方薬

大柴胡湯、小柴胡湯、平胃散、温胆湯、茯苓飲、小半夏加茯苓湯、六君子湯

***

あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。

自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。
どうぞお気軽にご連絡をください。

薬石花房 幸福薬局 ご予約はこちらから

関連ページ・症例・エッセイなど


逆流性食道炎

自分に合った漢方薬に出会うには

自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。

 

そのために必要なのが、カウンセリングです。漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。

 

当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。

 

自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

カウンセリングスタッフ紹介